世のサラリーマンの小遣いが少なすぎて愕然とした話【増やす方法と併せて】

サラリーマン お小遣い

どうも、サラリーマンブロガーのジョーです。

 

少し前の年代別サラリーマンの小遣いという記事を読んでみましたが、正直愕然としました。いや、大学生よりお金ないだろと。。。

 

今日はサラリーマンのお小遣いについて僕が思うことを書いていきます。世のサラリーマン必見。

 

*ちなみに僕は今のところお小遣い制のサラリーマンじゃないですが、近々お小遣い制になる可能性もある身分です

 

サラリーマンのお小遣いの年代別平均

さて、サラリーマンのお小遣いの平均ですが、以下のようになっています。

 

この調査、20代から 50代の有職者の男女約 2,300名を対象に行われていることから、それぞれの年代別の平均について見てみましょう。

<全体>男性:37873円、女性:33502円
<20代>男性:40879円、女性:38220円
<30代>男性:36846円、女性:32515円
<40代>男性:35670円、女性:30880円
<50代>男性:38113円、女性:32228円

引用:年代別サラリーマンのお小遣い平均は? エンタメウィークより

 

上記より、サラリーマン全体での平均お小遣いは、男性で月37,873円、女性で33,502円となっています。一月30日計算にすると、男性サラリーマンで1日あたり1,262円です。

 

これを見て、

 

「いや、結構多いよね!」

「いや・・少なすぎるだろ!」

 

と、今お小遣いをもらっている人、これからお小遣い制になりうる予備軍の方など、立場の違いで受ける印象も違うと思いますが、僕は少なすぎるとおもいます。

 

だって、サラリーマンって毎日8時間以上、週5日以上働いてるんですよ?しかも多くの人は好きでもないことを仕事にし、我慢しながら仕事をしているわけです。にもかかわらず、1日に使えるお金はたったの1,000円ちょっと。普通に昼飯を食べたらもう半分以上なくなります。

 

いくら家族の生活のためとはいえ、もうすこし自由に使えるお金があったほうが僕は良いとおもいます。そもそも社会人であれば、投資の意味合いも含めての人付き合いもあるでしょうし。そういうのすら我慢するようになったら、さらに人生先細っていくと僕は思うんですよね。

 

無駄にお金があっても仕方ないと思いますが、自由に使えるお金が少なすぎることは、負のスパイラルへの入り口だと僕は思います。

 

サラリーマンのお小遣いは今後さらに減っていく

さらに調べてみましたが、新生銀行の2016年お小遣い調査レポート によると、以下の通り、サラリーマンのお小遣いは年々下落トレンドに入っています。

 

サラリーマン お小遣い

このデータによると、直近40年近くでもっともお小遣いがあった時期が90年前後で77,725円です。90年を境に、そこからは長期的に下落が続いていて、2016年に37,873円まで下がったということですね。

 

さて、このデータを見ると、サラリーマンのお小遣いは日経平均株価と連動しているように見えます。株価の動きに数年遅れて、お小遣いが連動して動いているイメージです。

 

直近5年はアベノミクスの影響もあり株価が上がっているため、今までの傾向を考えると、サラリーマンのお小遣いもこれから増えていくように思われます。思われますが、僕はそうは思いません。

 

経済とサラリーマンの給料が連動する時代は終わった

僕はですね、これからの日本は極端な二極化が進んでいくと思っています。富裕層と貧困の二極化です。

 

進んでいくと思うというか、ほぼ確実に進むでしょう。世界の動きをつぶさに観察していればそれはわかることです。

 

二極化が進むと仮定して話を進めますが、二極化が進んだ場合、富める人はどんどん富み、そうでない人はどんどん貧しくなっていきます。

 

ということはですよ、もし仮に経済がこれから成長していっても、その恩恵を受ける人は二極化の上にいる人です。

 

二極化というのは中間層がいなくなり、分かれた2つの層が上下に引っ張られていく仕組みです。つまり、経済が上向きになったとしても、下の層にいる人に恩恵はほとんど出ないんですね。ほとんどは上には引っ張られないんです。向かう方向は下です。

 

なので僕は、自分を磨くことをしないサラリーマンは必然的に下の層に引っ張られることになり、結果として彼らのお小遣いは、これからさらに拍車をかけて下がっていくと思っています。

 

サラリーマンは収入を上げる努力が必要

そんな状況のため、ただぼーっと毎日を過ごし、「収入もお小遣いも上がらないかなー」なんてそんなのんきなことを言っていては危ないんじゃないかなぁと僕は思います。

 

サラリーマンこそ、収入を上げる努力が必要だと僕は思います。そもそもの収入自体を増やすことが重要です。奥さんを説得してお小遣いを増やしてもらうことは二の次です。

 

サラリーマンが収入を増やすには副業(複業)が良い

じゃあ実際にどうやって収入やお小遣いを増やしていけば良いでしょうか?収入を増やすには、以下の記事でも紹介した通り、「現職で昇級する」「転職で年収アップ」などが方法としてあります。

 

 

ただ、ぼくがおすすめする方法は副業(複業)です。

 

いくらのお小遣いを目指すかにもよりますが、仮にお小遣いのピークだった90年前後の77,725円を目指す場合、だいたい今のお小遣いに40,000円上乗せできれば良いわけですよね。

 

で、40,000円を複業で毎月稼ぐということは、そんなに難しい話ではないです。

 

毎月40,000円であれば、自分が得意なことを誰かに教えたり、作った物を売ったりすることで稼ぐことができます。

 

さらにいえば、現在のお小遣いと合わせて毎月10万円のお小遣いを目指すことも可能です。

 

毎月10万円のお小遣いがあればすごく良いと思いませんか?1日あたり3,333円あるので、美味しいご飯を食べたり、映画を観に行くこともできるわけです。そのお金を使って自分への投資をすることもできます。

 

毎月10万円のお小遣いがあれば、毎日の選択肢が多くなります。自分へのリフレッシュに使ってメリハリをつけるもよし、人に会うことや本を読むことに使うもよし。

 

選択肢が多くなることで、可能性も大きくなります。前述通り極端なお金は必要ないですが、自分が気持ち良く、かつ活動的にいるためのお金は、どんなサラリーマンにも必要だと僕は思います。より良くなるためにね。こうなれば、正のスパイラルへの入り口ですね。

 

 

初めての副業(複業)ならブログがおすすめ

とは言っても、「副業なんてやったことないし・・・」という方も多いと思います。

 

もしあなたが副業や事業をやったことがなく、今まで自分の力で1円も稼いだことがない場合、自分にお金が稼げるのか、自信はないとおもいます。それは当然のことです。

 

そこでおすすめなのは「ブログ」です。当ブログでは何度も言っていることですが笑

 

 

ブログって、始めるのに初期費用がほとんどかからない上に、収入は天井がありません。最初のお金が発生するまですこし時間はかかりますが、自分が得意なこと、好きなことを発信することで、誰でも収入を得ることができるフィールドです。

 

しかもブログはマーケティングツールの役割も果たすため、ブログで発信したことがきっかけで、それが別のビジネスにつながることも往々にしてあるります。

 

ブログって欠点らしい欠点がないんですよね。めちゃめちゃ大きく稼げない、いきなり稼げないという欠点はありますが。それくらいかな。

 

とりわけサラリーマンにとっては、ブログはお金が手に入るだけじゃなくて、いろいろな副次的なメリットがあると思います。だからこそ、サラリーマンの方には是非トライしてみて欲しいですね。

 

そうすればお小遣いも増えるだろうし、自分でお金を稼ぐことは意外とできるものなんだなとわかってもらえるとおもいます。メリットは多いと思いますよ。是非。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です