エンジニアで英語ができるとどんなメリットがあるの?実態や勉強法をまとめた

エンジニア 英語

どうも。ジョーです。早速ですが、最近とある企業の採用担当者から、

 

採用担当者のAさん
英語ができるエンジニアが全然いないんだー。。

 

と相談を受けました。

 

で、実際のところ、エンジニアで英語を話せる人って少ないです。まあ少ない。

 

つまり、裏を返せば「エンジニアで英語ができる人って、めちゃめちゃ希少人材だよ」ということです。英語ができるだけの人はたくさんいますが、ITスキルも兼ね備えているエンジニアって、まだまだ少ないんです。

 

なので今回は、

 

  • エンジニアに英語って必要??
  • エンジニアで英語ができるとどんな良いことがあるの??
  • エンジニアが手っ取り早く英語を身につけるおすすめの方法は??

 

これらの疑問に対して、海外在住経験があり、かつエンジニアのキャリアに日々向き合っている僕が赤裸々に答えていきます。

 

エンジニアが英語が使えるとどんなメリットがあるか?

ではまず、「エンジニアは英語を学んだ方が良いの??」「どんなメリットがあるの??」に答えていきますね。僕の意見では、エンジニアは英語を学んだ方が良いです。メリットがすごく多いんですよ。そのメリットを説明していきますね。

 

収入、待遇が上がる

英語ができるエンジニアは給料などの待遇が上がりやすいです。

 

企業の中には、「英語ができるエンジニアを求めている企業」と「特に求めていない企業」がありますが、グローバル化が進展しているいま、英語ができるエンジニアを求める企業は年々増えてきています。スマートフォンエンジニアなどですね。

 

でも実際のところ、英語がエンジニアってまだまだ少ないです。希少人材です。そして、希少人材にもかかわらず、それを求める企業が多いということは・・・待遇が良くなるのは必然ですよね。

 

実際、僕の知り合いの某大手でエンジニアをやっている人は英語が話せるんですが、彼は年収1,000万円近くで他社に引き抜かれましたよ。もともとのスキルがあることが前提ですが、こういうこともあるわけです。

 

このように、英語ができるエンジニアの待遇は良いです。英語ができると転職で市場価値が高い人になれますが、一方、一企業で勤め上げる場合も、エンジニアとして上のポジションを目指していくなら「英語力があるか、ないか」で昇進が分かれてくるケースは徐々に増えてきています。

 

だから、あなたがいまどんな雇用形態であっても、英語を身につけておくと待遇面で有利になりますよ。

 

外国人とのプロジェクトで活躍できる

グローバル化が進んでいる中、IT企業でも海外とのプロジェクトがある企業が増えていきています。そういう時、外国人と一緒にプロジェクトを進めていけるような人は、もちろん重宝されますよね。

 

僕は過去に海外赴任をしていたからわかりますが、通訳を挟まずに仕事をした方が何倍も良い仕事ができるし、彼らとの関係はずっと良くなります。

 

無論、「英語ができなくてもなんとかなるっしょー」という感じでも何とかなることはなりますが、そもそも言葉すら話せない人を彼らが心の底から信頼するケースは、僕自身の実感としてはかなり少ないです。どこか距離を置いているあの感じ。。海外赴任当時の英語ができなかった僕は、それを如実に感じました。。

 

だからこそ、外国人と仕事をするときは、ちゃんとコミュニケーションが取れる程度の語学は身につけて欲しい。これから語学を学ぶ必要はなくなるとも言われていますが、僕個人の意見では、最低限コミュニケーションが取れる程度の語学は、これからも必要だと思います。

 

人と人のコミュニケーションは生物ですから。人は言葉を積み重ねて、信頼を積み重ねていきます。そこにITやAIが入ってきても、自然と外国人と信頼関係を作れる気が僕はしないんですよね。海外で生活して、彼らとの信頼関係作りを日々やっていた僕からしたらそう思います。

 

契約書や細かい部分に関してはAIやITに任せておけば良いですが、英語でコミュニケーションくらいは取れるようになると、エンジニアのあなたの世界は広がると思いますよ。

 

海外で働く選択肢が出てくる

外国人とコミュニケーションが取れるようになれば、「海外で働く」という選択肢も出てきますね。

 

海外で会社と契約して仕事をしたり、海外で日本の案件を受注しながら仕事をする。そんな働き方を、英語ができるエンジニアなら選べるんです。

 

もちろん、海外の企業で働く場合は、ビザなどの問題を個別にクリアしていかなければいけませんが、フリーランスエンジニアで移動しながらであれば、場所にとらわれない働き方も選べますし、好きな国で仕事をするという選択もできるわけです。

 

実際ビザの問題をクリアして海外企業で働けば、給料も破格の金額をもらえますよ。例えばアメリカなら、アメリカのエンジニアの平均年収 にも書いてある通り、特に日本とアメリカではエンジニアの待遇はかなり違います。ニュージーランドもエンジニアの平均年収が高くて有名です。あんな自然に恵まれた最高の環境で仕事ができて、しかも収入も良いなんて、めちゃめちゃ羨ましいですよねー。

 

スキル習得に役立つ

エンジニアが英語を学ぶと、エンジニアの最新のスキル習得にも役立ちます。

 

エンジニアが学ぶべき最新の知識は、基本はアメリカなど英語圏の国から流れてくることが一般的です。そのため、英語が自在に使えるようになれば、いち早く最新の技術や知識を取り入れて、周りのエンジニアに差をつけることもできるんですよね。

 

僕の知っている優秀なエンジニアの方は、常に最新の技術をキャッチアップしています。彼らのように他のエンジニアよりも常に高い知識とスキルを常に持っていたいという向上心の高い人は、情報を探すための英語スキルを身につけると、周囲より一歩も二歩も優位に立てますよ。

 

エンジニアのための英語勉強法

これまでエンジニアが英語を学ぶメリットを述べてきましたが、それでもエンジニアの本業はエンジニアです。エンジニアスキルを磨かず、英語ばかり勉強していては本末転倒です。

 

でも英語ってかなりの学習時間を取られることが一般的です。だからこそ、無駄なことは一切やらず、「英語を話す力・聞く力」の日常英会話に注力して勉強することが超重要です。

 

英語を学びたいエンジニアBくん
よっしゃぁぁぁ!!英語学ぶぞ!まずは参考書を5冊買おうっ!

 

という風に、分厚い参考書を何冊も買ってたらおしまいです。絶対続きません。

 

だからこそ僕は、「基本スマホで完結し、かつ安く、かつ英語を話す・聞く力が身につくもの」として、スタディサプリEnglishを使うことが、エンジニアの英語勉強法としてベストだと思います。

 

スタディサプリENGLISHについて

スタディサプリENGLISHはリクルートが出している英語学習サービスのアプリです。Appストアの教育カテゴリーでNo.1の超売れ筋アプリです。僕はこのスタディサプリENGLISHの愛用者で、英語力の維持用に利用しているんですが、初心者が気負わずに、手軽に英語を勉強するにはぴったりでした。

 

スタディサプリENGLISHはスマホで利用できます。つまり、電車などの移動時間、隙間時間を有効活用できるんですよね。それでいて、学習効果も抜群。外国人との会話無しに、日本人が苦手な「話す・聞く」を効率的に鍛えられるため、忙しいエンジニアなんかに特にぴったりかと思います。

 

 

それでいて、利用料も月額980円で安いです。参考書を5冊買えば、それだけでも5,000円は余裕で超えてしまいます。

 

スタディサプリENGLISHは英単語、文法、リスニングなど、あらゆる分野をアプリ一つに凝縮しているのでめちゃめちゃ安いです。しかも、店に出ている一般的な参考書よりも全然質が高いのでおすすめです。

 

余談ですが、僕の友人のエンジニアで英会話初心者だったSくんも、通勤の往復40分を使ってスタディサプリをやっています。三ヶ月でだいぶ英語を聞き取れるようになり、外国人と緊張せず英語を話せるようになったみたいですよ!

 

スタディサプリで絶賛英語勉強中のSくん
スタディサプリは1つのレッスンが数分程度でできるから、隙間時間を活用できてイイね!

 

ぜひトライしてみてくださいね!

 

スタディサプリEnglish公式サイトを見てみる

 

英語ができるようになると選択肢が広がる

いろいろ述べてきましたが、エンジニアにとって、英語は必ずしも必要ではありません。でも、英語ができるようになると選択肢が広がるということはあなたも感じて頂けたんじゃないでしょうか?

 

全てのエンジニアの方は、「英語を話す・聞く」の力はサクッと短期集中で身につけておくと後々良いことがたくさん待っていると個人的には思います。給料も上がり、仕事の幅も広がり、人生の幅も広がる。英語話せるエンジニア、カッコよくないですか?

 

英語ができる人がエンジニアを目指すのもアリ

エンジニアの方が英語を勉強することも良いですが、逆に「既に英語を使える人が、エンジニアを目指す」、ということもアリだと個人的には思っています。個人的にはこれ、かなり良い選択だと思うなぁ。

 

今なら未経験からでも、エンジニアを目指すプラットフォームが整っています。プログラマカレッジなどの就職支援付きのスクールを使えば、無料で学習〜エンジニア就職まで面倒見てくれます。

 

ほんとに良い時代ですよ。学習コストがかからなければ、就職サポートも手厚い上に、さらには超売り手市場という外部環境まで味方してくれる時代です。

 

フリーランスエンジニアになれば、年収700万円なんてただのアベレージです。日本の平均年収が400万円代なのに対して。あなたが営業職でも事務職でも、エンジニアを目指すのは良い選択肢だと個人的には思いますね。ましてや既に英語という武器がある人は、もう一つの専門性にITを選ぶことは賢い選択だと僕は思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です