30歳からプログラミングは早くはないが遅くもない【30代初心者の体験談を交えて解説】

30歳からプログラミングは早くはないが遅くもない【実例付きで解説】

「30歳からプログラミングは今さらもう手遅れなのかな…?」

 

このような悩みに本記事では答えます。

 

30歳からのプログラミングは、一般論では「遅い」と言われています。IT業界は年齢層も比較的若く、「35歳定年説」も囁かれています。

 

それに最近はプログラミングスクールの受講希望者が急増していますが、多くのスクールは「20代限定」です。そのため、30代だと学べる環境が限られることも、「30歳からプログラミングは遅い」という意見を強調しています。

 

でも果たして、30歳からだとプログラミングを学ぶことは本当にできないのでしょうか。もう手遅れなのでしょうか。

 

結論、30歳からプログラミングは手遅れではありません。むしろ、十分間に合います。

 

とはいえ、決して「早くはない」ことも事実。だからこそ30代の方は、自分の理想の未来を信じ、プログラミングを学ぶ一歩を「早急」に踏み出すことが必要です。

 

そこで本記事では、30歳からのプログラミングが手遅れでない理由を始め、30歳からプログラミングを習得するために最短の方法をご紹介します。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、現在は就職や転職のサポートの仕事をしていて、エンジニアやプログラマーの採用を手伝っています。

 

また、僕自身もプログラミングスクールを使ってスキルを学んでいますので、初心者からプログラミングを習得するためにはどの程度の労力や時間が必要か、この点も理解しています。

 

そのような経歴がありますので、今回の記事の信頼性は高いと自負しています。

 

大丈夫。30歳からでもプログラミングを習得し、エンジニアやプログラマーになれますよ。だからこそ、5分だけ時間を取り、本記事を読み進めてください。

 

30歳からプログラミングは遅くない2つの理由

30歳からプログラミングは遅くない2つの理由

 

まずは30歳からでもプログラミングは間に合う、遅くない理由について述べます。

 

理由は大きく2つで、

 

  • 理由1:30代からプログラミングを始める人は山ほど存在するから
  • 理由2:エンジニアが不足しており、30代以上のニーズも広がってきているから

 

この2つとなります。それぞれ解説しますね。

 

理由1:30代からプログラミングを始める人は山ほど存在するから

1つ目の理由は、30歳からプログラミングをスタートする人は、世の中を見渡せば山ほど存在するからです。

 

僕は自身がプログラミングを習得した経験や、プログラマーやエンジニアの転職支援もしていることから、山ほどそういった方を見ているからわかりますが、恐らくあなたの想像を遥かに超えて、30歳以上からプログラミングを学ぶ人は多く存在します。

 

30代でプログラミングを学ぶ人が多い根拠となる事実を、一つ紹介しますね。

 

根拠:プログラミングスクールの30代受講者数

根拠となるのは、プログラミングスクールの受講者の年齢層データです。

 

例えば、プログラミングスクールの中でも最も人気を代表的スクール「TECH::EXPERT」。

 

TECH::EXPERTの受講生は、なんと全体の4人に1人が30代なんですよね。

 

プログラミング 30歳 テックエキスパート

 

 

上記がTECH::EXPERTの受講生データです。記載の通り「71%」は20代であるものの、「24%」は30代なんですよね。

 

どうでしょう、予想以上に多くないでしょうか?少なくとも僕が初めてこのデータを見たときは意外でした。20代だけで90%くらいだと思っていたからです。

 

でも蓋を開けてみれば、4人に1人が30代なんですよね。

 

TECH::EXPERT自体が30代を広く受け入れているプログラミングスクールという事実があるので、一概にこの数字が世の中平均ではないことも事実です。それでも、30代の方にとっては、勇気が湧いてくる事実ですよね。

 

このように、30代からプログラミングを学ぶことは全く不自然なことではありません。むしろ当たり前のように、今日この瞬間も、30歳の方が新たにプログラミングをスタートしています。

 

理由2:エンジニアが不足しており、30代以上のニーズも広がってきているから

いま、エンジニアは圧倒的な人手不足です。とにかくエンジニアが不足しているため、20代のみならず、30代未経験者も、採用の対象になっているんですよね。

 

この実態についても、実際の数字を見ると一番イメージがつくと思いますので、一つ「エンジニア不足」を表すデータを紹介しますね。

 

プログラミング 30代

引用:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

 

上記は、IT人材の不足規模の現在、および未来を表した統計です。これを見ると、

 

  • 2015年(実績):約17万人のIT人材不足
  • 2030年(予測):約59万人のIT人材不足【人材不足数は今後さらに拡大】

 

上記のように、2015年時点で約17万人のIT人材が不足しています。

 

加えて、ただでさえ足りていないIT人材の数は、2030年にかけて約59万人の不足へと「約3倍規模」までに広がることが予想されているんですよね。

 

だから、エンジニアは食いっぱぐれない

このブログでは、エンジニアになれば向こう10年間は食いっぱぐれないことを書いてきましたが、その根拠の一つがこのデータです。いまの段階でも圧倒的にエンジニアが不足しているにも関わらず、自体は回復するどころか、いまの3倍規模までに悪化することが濃厚なんですよね。

 

これからの時代は「IT」です。IT人材の需要がなくなることは考えにくいです。ですから、エンジニアの数が足りなければ足りないほど、エンジニアになっておけば食いっぱぐれないということです。

 

食いっぱぐれないどころか、企業は待遇を上げてでもエンジニアを確保しようとしますから、年収1,000万円などの高待遇も実現しやすいです。

 

日本は少子高齢化で若者の数がどんどん不足していくため、今後は30代のみならず、40代でもエンジニアやプログラマーになる方は増えると思います。そうなれば、30歳なんてまだまだ全然間に合いますよね。

 

まとめると、

 

  • 理由1:30代からプログラミングを始める人は山ほど存在するから
  • 理由2:エンジニアが不足しており、30代以上のニーズも広がってきているから

 

この2つが、30歳からプログラミングは遅くない理由です。

 

【実例】30代からプログラミングを学んでエンジニアになった人の体験談

【実例】30代からプログラミングを学んでエンジニアになった人の例

 

「30代からプログラミングを学んでいる人が多いことはわかった。それでも、まだ自分の年齢からプログラミングを習得できる実感はわかないな…。」

 

そう思うかもしれませんので、実際に30歳からプログラミングを学んでエンジニアになった人の体験談をご紹介します。

 

冒頭でも述べましたが、僕はエンジニアやプログラマーの就職・転職サポートもしているので、私が実際に関わった方の実例を挙げますね。

 

事例:31歳からプログラミングを学んでプログラマーになった人の実話

僕が過去に転職支援をした方に、31歳のプログラミング未経験の方がいました。

 

この方は今ではフリーランスエンジニアとして月収60万円以上をリモートで稼げるようになったのですが、実際にどのようにエンジニアになったのか、経緯を説明しますね。

 

まずこの方のプロフィールは以下の通りです。

 

  • 31歳男性
  • 埼玉県在住
  • 営業職として新卒から勤務
  • 年収は300万円台
  • サービス残業や休日出勤が多く、年収も上がらず、ストレスも溜まり、「このままで人生良いのか…」と悩んでいた

 

このようなプロフィールの方でした。

 

彼は以下のステップを踏んでエンジニアになりました。

 

  • 31歳でプログラミングを学ぶことを決める
  • プログラミングスクールを受講し、3ヶ月でプログラミングを学習
  • 転職活動し、1ヶ月でエンジニアとして転職に成功
  • 企業でエンジニアとして2年実務経験を積んで独立
  • 独立後1年で月収60万円を突破

 

このような経緯でした。

 

プログラミングを学んだきっかけは「エンジニアが持つ自由度の高さ」に惹かれたこと

そもそもプログラミングに興味を持ったきっかけは、エンジニアが持つ自由度の高さに魅了されたことがスタートだったようです。

 

確かにエンジニアの場合、リモートワークや週3勤務などの働き方がしやすい上に、個人にスキルが帰属するため、そもそも会社に依存する必要もありません。

 

そのような未来を夢見てプログラミングを学ぶことを決意。そこからはトントン拍子で、3ヶ月勉強した後、転職活動を通じてエンジニア転職に成功。2年の実務経験を経てフリーランスエンジニアとして独立。

 

過去のお金も時間も精神的ゆとりもない営業マン生活とは一変、現在はお金も時間も精神的なゆとりもある人生を手に入れました。

 

【問い】人生を変えることができた彼は「特別な存在」だったのか?

人生逆転ストーリーのように思えますが、なんら特別なことではないんですよね。

 

なぜなら今の時代、プログラミングスクールを受講すれば、3ヶ月あれば、学歴や経歴関係なく、誰でもプログラミングは習得可能だからです。

 

加えて1ヶ月もあれば、エンジニア転職はできます。企業で実務経験を積めば、2年どころか1年で独立することもできます。

 

さらに言えば、RubyなどWeb系言語を学んだフリーランスエンジニアであれば、独立時点で月収60万円を得ることもできますから、1年で月収60万円は普通に目指せます。

 

つまり、彼が特別だったから、上記のような人生を歩めたのではありません。彼のように行動さえすれば、誰でも同じような道は歩めるんですよね。

 

プログラミングの良さは「再現性」

上記の通り、プログラミングの良いところは「再現性」が高いことです。だからこそ、誰でも彼と同じように行動さえすれば、プログラミングを習得し、エンジニアになることができます。

 

ここまで再現性高く、時間の自由も、お金の自由も同時に得られる仕事、プログラミング以外にありませんよ。

 

繰り返します。この方のように、30歳からプログラミングを始め、人生を変えた方は山ほど存在します。だからこそ、その事実を認識することが、30歳からプログラミングを始める第一歩です。

 

30歳からプログラミングは遅くはないが、早くもない

30歳からプログラミングは遅くはないが、早くもない

 

述べてきた通り、30歳からプログラミングは遅くはないですが、正確に言えば、早くもありません。

 

だからこそ、これからの人生を本気で変えたいと願い、その手段にプログラミングがなり得るなら、まずは行動を起こすべきです。

 

30歳はまだまだチャンスに溢れている

30歳であればまだまだチャンスはありますから。勝手に一般論を信じて「自分にはもう遅い」と決めつけ、自分の人生の可能性を閉ざしてしまわないことが本当に重要です。これが、この記事で一番伝えたいことですね。

 

とはいえ、「何からどうすればいいかわからない…」という状態だと思いますので、ここからは実際の「手順」について、ご紹介しますね。

 

30代からプログラミングを学ぶ最も確実な方法とは【プログラミングスクール一択】

30代からプログラミングを学ぶ最も確実な方法とは【プログラミングスクール一択】

 

結論、30代からプログラミングを学ぶなら「プログラミングスクール一択」です。

 

プログラミングを学ぶ方法は大きく「独学」と「プログラミングスクール」の2つがありますが、後者「プログラミングスクール」一択ということです。

 

この理由をわかりやすく解説します。

 

30歳から独学はできなくはないが、時間的余裕は無い【プログラミングスクール受講が無難】

まずは「独学」。30歳からプログラミング独学はできなくはないですが、、、時間的余裕はないですね。

 

前述通り、30歳からプログラミングは遅くはないが、早くもありません。1秒も無駄にはできない年齢だからです。

 

僕の経験上、プログラミングスクールと独学を比較すると、習得するまでにだいたい3倍〜6倍くらいの時間差が出ます。具体的に示すと、以下の通りです。

 

プログラミングの習得期間の目安【独学の方が3倍以上、時間がかかる】

  • プログラミングスクール:1ヶ月〜3ヶ月以内
  • 独学:半年〜1年以上

 

もちろん人にもよりますが、こんなイメージです。独学の方が圧倒的に時間がかかります。

 

1秒も無駄にできない30代の方にとっては、悠長に独学している時間的余裕はありません。

 

もちろん、試してみることは自由なので、試しても良いとは思います。ですが、刻一刻と遅れをとっていることは認識した上で取り組むべきですね。

 

20代の10年をビハインドしている30代は「時間を買うこと」が必要不可欠です。だからこそ、プログラミングスクールを利用することが必要なんですよね。

 

30歳におすすめのプログラミングスクール3選

ということで、30歳以上であればプログラミングスクールがおすすめですが、「スクールがたくさんありすぎてどこが良いかわからない…」と感じると思います。

 

プログラミングスクールの中には「20代限定」としているスクールも多いです。これは20代が最も転職しやすいからです。スクール運営側としても、転職しやすい年代の方を受け入れたほうが運営がスムーズですから。

 

でも前述通り、30代からでもプログラミングを学んでエンジニアになれますし、30代を広く受け入れ、実際に転職成功させている優良プログラミングスクールも存在します。

 

この条件に当てはまるプログラミングスクールを「3つ」だけ厳選すると、結論、以下の3社となります。

 

  1. TECH::EXPERT【受講生4人に1人が30代!!30代からのプログラミングならココ】
  2. TechAcademy【オンラインで学びたいならココ】
  3. Tech Boost【上記2社とも合わない方はこちら】

 

この3つです。結論、30歳からプログラミングを学ぶ場合、上記3つのいずれかであれば間違いないです。

 

30代に一番オススメはTECH::EXPERT

中でも迷ったらTECH::EXPERTですね。一般的なプログラミングスクールは、受講生の多くは20代です。ですが前述通り、TECH::EXPERTの場合、受講生4人に1人が30代です。

 

しかもTECH::EXPERTは転職支援までフルサポートしてくれ、受講生の転職決定率は約99%です。つまり、ほとんどの30代受講生が転職までできているということです。

 

TECH::EXPERTは無料カウンセリングを「対面」または「オンライン」で実施しています。

 

無料カウンセリングでは、自分はどのような企業へ転職できそうか、どのくらいの年収で転職できそうか、あなたの経歴を見た上で、プロのメンターがアドバイスをくれます。なので、まずは無料カウンセリングに参加することがファーストステップです。

 

超人気スクールにつき、無料カウンセリングの予約枠は埋まりがちです。以下公式サイトからカンタン30秒で無料カウンセリングの申込みができるため、まずは済ませておきましょう。

>>TECH::EXPERT無料カウンセリング詳細はこちら

 

残り2社の無料カウンセリングも併用すると比較できて尚良し

上記の通り、TECH::EXPERTだけでなく、TechAcademyTech Boostの無料カウンセリングを併用すると、それぞれのスクールを比較でき、あなたに合ったプログラミングスクールがより見つかりやすくなります。

 

どちらも以下から60秒で無料予約できるので、予約を済ませておきましょう。無料カウンセリングを受けたからといって受講する必要はありません。

>>TechAcademy無料カウンセリング

>>Tech Boost無料カウンセリング

 

結論:30歳からプログラミングは遅くない。まずは行動しよう

結論:30歳からプログラミングは遅くない。まずは行動しよう

 

述べてきた通り、一般論だと30歳はもう遅い、やめとけ、という言葉もありますが、30歳からプログラミングは遅くなく、十分間に合います。

 

とはいえ、早くないことも事実のため、「今すぐにでも行動を起こすことが大切」です。これが本記事でお伝えしたかったことです。

 

30歳からプログラミングを学べば、いまから数カ月後にはエンジニアとして転職できます。企業で実務経験を数年積んでフリーランスエンジニアになれば、月収60〜80万円くらいは割と簡単に目指せます。

 

僕は転職支援の仕事を通じて様々な仕事を見ていますが、プログラミングほど、普通の凡人でも習得でき、短期間でこれだけの収入が得られる仕事は、他にはないですよ。

 

しかも稼げるだけでなく、リモートワークや週3勤務など、時間や場所の自由も得られます。

 

いまの仕事をこの先5年、10年続けた場合、理想の未来が待っているなら、そこで頑張ればOKです。一方、理想の未来が待っていないとあなた自身が思うなら、答えは決まっています。行動を起こしましょう。

 

プログラミングを学ぶことは、たくさんのメリットはあっても、リスクはほとんどありません。

 

だからこそ、まずは小さな一歩で大丈夫。今日から行動を起こしましょう。

 

その勇気ある小さな一歩が、未来を変えるきっかけになりますよ。

 

今回紹介した30代におすすめなプログラミングスクール

  1. TECH::EXPERT【受講生4人に1人が30代!!30代からのプログラミングならココ】
  2. TechAcademy【オンラインで学びたいならココ】
  3. Tech Boost【上記2社とも合わない方はこちら】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です