【おすすめのビジネス書100選】良質な学びが得られる良書をまとめた

おすすめ ビジネス書

*厳選しているので随時更新していきます

 

どうも。サラリーマンブロガーのジョーです。

 

僕のようなサラリーマンにとって、読書は最高の投資の一つです。

 

手軽にできて、お金もかからず、そして得られる効果が高い。正しい読書方法さえ身につければ、本は物凄く大きな投資効果があります。

 

 

さて、僕はサラリーマンとして働いていますが、特に才能もない超平凡の人です。それでも、以下のようなことをここ数年で達成してきました。

 

  • 英語を短期間でマスター
  • 営業で社内MVPを取る
  • 25歳で海外現地オフィスのマネジメントに携わる
  • 複業でスモールビジネスをして食べるに困らないお金を個人の力で稼ぐ

 

こういうことができたのは、紛れもなく僕が読書家だからです。

 

僕は、週に2冊の本を読むことを習慣としており、それを何年もずっと続けてきました。その結果が上記です。

 

繰り返しますが、僕は何の才能もないです。挫折が多い人生でした。だからこそ、いまあなたが何か壁にぶつかっているとしたら、本を読んで欲しい。本から先人の知恵を学び取り、活かして欲しい。そう思います。

 

今回は、僕が今まで読んできて良かったビジネス書100冊、厳選して紹介します。この中に、あなたのいまの悩みを解決するヒントはたくさんあるはずです。

 

おすすめのビジネス書たち 100選

まず初めに読んでおきたい殿堂入りの名著

僕が大事にしていることは、物事の本質を掴むことです。本質さえ掴めば、そこから応用は効くんですよね。

 

そして、ここで紹介する本は、ビジネスの本質、人間の本質をつかむことができる本です。

 

この項目であげる本は、たったの1冊でも100冊以上の価値があると僕は思っています。そういう本だけ、この項目では厳選しています。真っ先に読んでほしい、そんな本です。

 

道は開ける

何度この本に救われただろうか。

 

あらゆるビジネス本、自己啓発本の原点とも言える本が、D・カーネギーの道は開けるです。

 

道は開けるというタイトルですが、この本は端的にいうと「人間の悩みを解決するための本」です。

 

この本は僕たちが普段から悩んでいることがいかに自分たちの心を痛め、傷つけ、人生を崩壊させていくかを語っています。

 

その一方で、その悩みからいかに自分たちが解放されるか、その本質を述べています。

 

僕は昔からよく悩みがちなタイプでした。でも、この本に出会ってから考え方が大きく変わりました。

 

皆さんも私も、この一瞬に永遠不滅な二つのものが出会う場所に立っている。無限のかなたからつづいている膨大な過去と、すでに刻まれた時の末端に突き刺さっているに等しい未来との境目にいるわけだ。たぶん私たちは、この永遠不滅なもののどちらで生きることも許されないーたとえほんの一瞬たりとも。その不可能なことをしようとすれば、私たちの肉体も精神も、ともに破滅するだけだ。だから、私たちは自分が生きられる時間、言い換えると、今から就寝までの時間を生きるだけで満足しようではないか。

 

いずれにしても、明日のことは配慮すべきである。細心の注意を払って計画し準備すべきである。だが心配するには及ばない。

 

僕の人生を変えた本、そう言っても過言ではないし、どの本よりも一番におすすめしたい名著がこの本。もしあなたがいま何かに悩んでるなら、絶対に読んでおくべき。人生変わるよ。本当に。

 

人を動かす

人を動かすと並んで、D・カーネギーの代表作が「人を動かす」です。人を動かすはコミュニケーション術や心理学の本質を学べる本です。

 

僕は前に営業をやっていたとき、正直全く売れませんでした。そのときに読んだ本がこの本でした。で、実際に本に書いてあることを意識して実践を続けていたら、営業で社内MVPを取るまで至ったわけです。

 

本書で取り上げられてる事例を一つ紹介すると、例えば、人を動かす一つのポイントは、「他人が自ら進んでやる気を起こさせること」です。

 

人に何かをしてほしいとき、僕たちは「お願い」したり「やってほしい」と気持ちを押し付けがちですが、それではダメ。「相手にいかにその気を起こさせるか」が重要で、その本質が書かれています。

 

上記は一例ですが、あらゆる人間関係における本質を学ぶことができる名著です。巷に溢れている多くの人間関連の本は、ほとんどこの本に書いてある内容の表現を変えているにすぎないと思うほど。

 

凡人だった僕が変われたのは紛れもなくこの本のおかげでした。自信を持っておすすめできる名著です。

 

思考は現実化する

タイトル通りですが、自分が思考したことが現実化していくことを、いくつもの事例をあげながら紹介していく名著です。

 

この本を読んでいると、思ったことが現実化していく原理を理解することができます。

 

人間は1日に35,000回の意思決定をしていると言われますが、この脳内で思ったことすべてが「思考」です。「この思考をコントロールする術を身につければ、人生はあなたの思った通りに変わりますよ」というのが本書の主題です。

 

もし自分の思ったことが叶うとしたら、そんなに素晴らしいことはないですよね。でも、それができるんです。そのためには、思考のプロセスとそこから生まれる因果関係の本質について、本書を通じて学んでください。

 

影響力の武器

影響力の武器は行動心理学の本質を詰め込んだ珠玉の一冊です。

 

行動心理学とは人間の心理法則のことです。人間が取る行動は法則が決まっていて、基本的にその法則通りに行動を取るようにできているんですよ。その法則や原理を学ぶのが、行動心理学なんですね。

 

で、この本はそんな行動心理学の本質をとことん突いています。人がどういう状況で、どんな行動を取るかがわかるようになるため、物を売ったり、自分の思い通りに相手を動かさせることができるようになります。

 

ぜひ読んでほしいのであまり詳しいことは述べませんが、本書に書かれている「拒否したら譲歩法」は、特に営業や交渉の場面で僕はめちゃめちゃ役に立ちました。

 

Webの世界にしろリアルの世界にしろ、影響力を高めたいと思う人はぜひ手にとって読んでみてください。

 

思考術

思考のコントロールについて述べている本はたくさん世の中に出ています。その中でも、本質的な方法、革新的な方法をついている本をここでは選んで紹介します。

 

ゼロ秒思考

1時間でも1分でも1秒でもない、究極の思考スピードを手に入れたいならゼロ秒思考を読みましょう。

 

  • 物事を考え出すと、時間ばかりかかって全然考えがまとまらない

 

こんなことありますよね??こういう人は絶対にこの本を読んだ方が良い。

 

  • 長い時間考えればその分良い答えに到達するとは限らないし、むしろ短い時間で正しい思考の方が良い答えを出すことが多い

 

これが著者の主張です。全くもってその通りだと僕は思います。

 

この本には、思考スピードを極限まで早めるだけでなく、質も同時に極限まで高めるトレーニング方法が書かれています。 巷にあるただスピードを上げるだけの本ではなく、スピードと質の両方を上げるノウハウがまとめてあります。

 

やり始めてからたった2週間ほどでも、早速トレーニング効果を感じられると思います。すぐに効果を得たいせっかちな人はぜひ取り組んでみてください。

 

僕がこの本に出会ったのは今から約2年前ですが、2年経った今でも、このゼロ秒思考のトレーニングを毎日朝10分やる時間を取っています。騙されたと思って、やってみて!

 

エッセンシャル思考

「何を持つかよりも、何を捨てるか」僕はそう考えていますが、それを学ぶことができる本がエッセンシャル思考です。

 

物や情報が溢れかえっている現代においては、いかに思考や物を減らしていき、いかに重要なことや大切なことのみにフォーカスするかが、人生のクオリティをあげると思っています。

 

  • やらなくては⇨やると決める
  • どれも大事⇨大事なことは滅多にない
  • 全部できる⇨何でもできるが、全部はやらない

 

こうやって思考ややることをシンプルにしていくと、どんどん毎日の質が高くなっていくんです。

 

エッセンシャル思考は「より少ない時間や労力で最大の成果を出す」という、僕の考えにマッチしました。めちゃめちゃ良書なので絶対読んで欲しい。おすすめです。

 

仕事術、ビジネス、起業系

仕事で圧倒的成果を出すには、ビジネス系の本質、ノウハウなどのTIPSを知ることが大事。

 

そもそも社会人になりたての人なんて、仕事ができるはずがないんです。だってやったことないんだから。新入社員も、中堅社員もベテラン社員も、ビジネス系の本は絶対に読んだ方が良い。僕はそう思います。

 

イシューから始めよ