IT業界に未経験でも転職できるのか?キャリアのプロが実態を明かす

it 未経験 転職

どうも。個人や企業のキャリア、採用支援をしているジョーです。

 

早速ですが、最近は文系出身の方や営業職の方の中でも、IT企業へのエンジニア転職を希望する方が増えています。未経験でのITエンジニア転職ですね。

 

  • 完全未経験だけど、IT業界に転職したい
  • エンジニアとしての働き方に興味がある

 

多くの方が、上記のようにエンジニア転職を前向きに考えている反面、「本当に完全未経験でITエンジニア転職が実現できるのか?」、実のところ多くの求職者はわからないんですよね。情報もありふれているので。

 

で、結論としては、未経験でもIT企業へのエンジニア転職はできます。しかも、実は今は絶好のタイミングなんですよね。

 

その詳細について、日々IT企業の採用を間近で見ている中で得た情報を始め、具体的なIT転職の目指し方まで紹介していきます。ITへの未経験転職に興味のある方は必見。

 

IT企業の未経験者採用が増えている

最近の傾向として、IT企業の未経験者採用が急速に増えています。はっきり言って、すごい勢いだなぁと。

 

見ていて特にこの動きが顕著なのが、Web系(インターネット系)の企業ですね。Web系の企業とは、LINEや楽天などのECサイトやインターネット広告などを運用している、インターネット系の企業のことです。

 

このインターネット関連の企業は、市場全体がどんどん伸びているため、それにつれて求人の数も右肩上がりに増えています。

 

その一方で、エンジニアの数が全く追いついておらず、多くの企業で即戦力採用に苦戦しているんですよね。

 

それを裏付けるデータが、インターネット業界の求人倍率「5.01倍」という数値です。5.01倍というと、求職者一人あたりに5.01社の求人が用意されているという、超求職者優位の状況です。

 

で、とてつもない求職者優位な状況である現在の売り手市場において、急速に出てきた動きが「未経験採用」なんですね。

 

身近で見ていて感じることは、従来は経験者のみをターゲットにしていた企業が、未経験でもとにかく入社をしてもらい、自社で必要な教育を施すという方向性が主流になってきています。そうでもしないと圧倒的に人が足りていないということです。

 

これって、求職者からしたらものすごくチャンスですよね。だって、未経験でも採用してくれ、その後はお金をもらいながら教育を受けられるんですから。

 

IT企業への転職を考えているなら、このチャンスを逃してはいけないと僕は思います。

 

 

IT企業へ未経験から転職するには?

未経験でもIT企業への転職はできます。じゃあ、実際に未経験からIT企業へ転職するにはどうすれば良いか?僕は、以下の3つの方法をおすすめします。

 

選択肢1: プログラミングスクールでまずITに慣れてからIT転職を目指す

「いきなりIT企業へエンジニア転職!」ということに抵抗がある人は、まずはプログラミングスクールでIT、プログラミングへの抵抗をなくすことをおすすめします。実際に手を動かしてみた方が、自分に合ってるかどうかもわかりますからね。

 

スクールならがTechAcademy [テックアカデミー]がおすすめです。

 

Techacademyは代表的なオンラインプログラミングスクールの一つで、僕もTechAcademyを受講してプログラミングの基本技術を学びました。

 

TechAcademyの良いところは、なんといってもプロのエンジニアが指導してくれる点ですね。

 

プログラミング学習の初期段階においては、「いかに挫折しないか」が大事です。お金をかけないようにと独学でプログラミングを学ぶ人も多いですが、90%以上の人は挫折をして諦めます。僕も初めは独学でやろうとして挫けました。涙

 

それを防ぐためには、「わからないことをわからないと、すぐに聞ける相手がいること」に他ありません。

 

いつでも頼れるエンジニアの知り合いがいれば、その方を頼れば良いです。でも、多くの人はそういう相手がいないので、その環境を意図して作ることが大事。TechAcademy [テックアカデミー]ではその環境を作ることができますよ。

 

僕自身が実際にTechAcademyを受けて、得られた効果などは以下の記事で書いています。あなたが僕のようにプログラミング初心者なら、TechAcademyならプログラミングを短期間で習得できますよ。TechAcademyは僕が一番大好きなプログラミングスクールです。

 

 

選択肢2: 就職支援付きのプログラミングスクールに通う

IT転職まで舗装された道を最初からしっかりと歩みたい場合は、スクール〜就職支援まで一貫したプログラミングスクールに通うことおすすめです。

 

プログラマカレッジはTechacademyと同じくスクールですが、実はここは就職支援に強みがあります。

 

その理由は、プログラマカレッジを運営しているインターノウス社の母体が「IT専門のエージェント」だからなんですよね。

 

IT転職という意味では、母体がエージェントであるプログラマカレッジの方が、企業との強いコネクションがあります。つまり、未経験でもしっかりと良い求人を引っ張ってきてくれるということです。

 

求人を引っ張ってくる強いエージェントにこそ、IT企業への未経験転職の成功と失敗が懸かっています。

 

そういう意味では、いくら良いプログラミングスクールを使っても、良いエージェントに出会わなければ、ITの未経験転職は難しくなります。

 

更に、プログラマカレッジの利用は完全無料。0円です。プログラミングスクールの受講料も、その後の就職支援も、すべて無料で受けることができるので、もはやリスクすら見つからないですね。

 

プログラマカレッジについては以下の記事で。未経験からエンジニアを目指すならベストな選択肢の一つだと個人的には思います。やっぱり無料なのと、就職支援に強い点が良いですね。まずはプログラミングを学んでみたいという感じならTechAcademy [テックアカデミー]が良いですが、お金をかけたくなくて、かつエンジニアを目指すことがはっきりしているなら、プログラマカレッジです。

 

 

選択肢3: IT企業への未経験転職に強いエージェントに相談する

「プログラミングスクールとかいいから。とにかく早く求人に出会いたい!」という方は、IT企業への未経験者転職に強い転職エージェントに早速コンタクトして相談してみることをおすすめします。

 

パーソルテクノロジースタッフは派遣エンジニアですが、未経験のIT企業転職のサポートが手厚いです。

 

企業によっては、未経験だと全く相手にされない中も多い中、パーソルテクノロジースタッフは、たとえ未経験でもしっかりサポートしてくれ、求人を紹介してくれます。

 

エンジニアに憧れる未経験の方の多くは、将来的にフリーランスエンジニアになり、場所や時間に縛られない生活を実現したいという人が多いです。

 

派遣エンジニアからフリーランスエンジニアへのステップアップというのは、未経験の人が効率的にフリーランスを目指す道の一つですので、一度パーソルテクノロジースタッフに希望を伝えてみると良いです。

 

未経験からいきなり相談しても良し、Techacademyで一度ITに慣れてから相談するというステップでも良いでしょう。

 

IT企業への未経験転職はいまがチャンス

IT企業へ転職したいなら、いまはチャンスの時期だなぁと、IT系の企業の動きを間近で見ていて日々感じます。

 

せっかく未経験からでもチャレンジできるプラットフォームがたくさん揃っているんだから、チャレンジしないと勿体無いですよね。

 

しかも、今ならプログラマカレッジや転職エージェントのように、全くリスクを取らずに自分の可能性を試せるものもあるわけです。

 

僕も転職経験がありますが、転職って最初は一歩踏み出すまで勇気がいるものだけど、実際に一歩踏み出してみると大したことないんですよね。今思うと、悩んではネットを検索していた時間が勿体なかったなぁと感じます。

 

IT企業が未経験を多く採用しているとはいえ、IT企業って平均年齢もそもそも若いわけです。つまり、待てば待つほど、確実に不利なっていくのがIT転職の世界です。

 

悩んで自ら可能性と時間を捨てるくらいなら、まずは相談くらいは行っておくことを個人的にはおすすめします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です