【Ruby】プログラミング初心者が学ぶならおすすめの言語?【解説します】

ruby プログラミング 初心者

これからプログラミングを学ぼうと思っているんだけど、どのプログラミング言語を学ぼう悩むなぁ。初心者にはRubyがおすすめらしいんだけど、実際どうなんだろう?

 

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、もともとプログラミング未経験でしたが、本業で別の仕事をしながらプログラミングスクールを使ってスキルを学びました。実際に勉強したのはRubyです。今は本業を続けながら、当時身につけたスキルを使ってWebサイト運営の副業などをしています。

 

結論から言いますと、Rubyはプログラミング初心者におすすめのWeb系言語です。初心者におすすめの理由も含めて、本記事ではRubyを学ぶメリットを丁寧に解説していきますね。本記事を読めば、プログラミング初心者がRubyを選ぶべきかどうかがわかるようになります。

 

Rubyがプログラミング初心者におすすめの理由

ruby プログラミング 初心者

 

一言でいうと、Rubyが易しい言語だからです。

 

プログラミング言語というのは、言語によって習得難易度が分かれます。文法がわかりやすい言語もあれば、そうでない言語もあったり、少ないコードでプログラムが書ける言語もあれば、そうでない言語もあったり・・

 

このように、プログラミング言語と一言で言っても、それぞれで特色が違います。外国語のようなものですね。外国語というと一言ですが、実際には英語や中国語、ドイツ語があります。そんなイメージです。その中でもRubyは初心者でも覚えやすく、使いやすい言語ということです。

 

一方初心者で習得が難しいと言われている言語には、例えば人気言語のJavaがあります。

 

Javaはフリーランスエンジニアの求人数もトップクラスで、身につけたら食べるに困らないスキルとも言われているほど、重宝されているプログラミング言語です。ただし、Javaは習得難易度が高めです。文法も難解で、簡易的じゃないので書くコードの量も多いです。

 

問題なのは、Javaのようなハードル高めの言語にプログラミング初心者がいきなり手を出すと、多くの場合挫折してしまうことです。本来なら、Javaのような需要ある言語を最初に学ぶと効率が良いですが、挫折してしまったら元も子もありません。

 

実際僕もプログラミングを初めて勉強しようと思ったときは、悩んだ末にRubyを選びました。僕は本業もあったので、そんなにたくさんの時間を学習に費やすことはできませんでした。だからこそ、最短でプログラミングに慣れるという意味でも、習得のハードルが低めのRubyを選びました。

 

結果として正解でしたよ。僕はプログラミングスクールを使ってRubyを勉強しましたが、1ヶ月で基本スキルをしっかり身につけることができ、簡単なサービス開発まで手をつけることができるようになりました。

 

ですから、プログラミング初心者はできるだけ挫折しない易しめの言語から学習をスタートした方が良いと、僕は自身の実体験からもそう思います。その点Rubyは初心者向きなのでおすすめです。

 

そもそもRubyってどんな言語?プログラミング初心者でもわかるように解説

ruby プログラミング 初心者

 

Rubyはプログラミング初心者におすすめです。これからRubyを勉強しようと思う人が押さえておくべきRubyのことを、わかりやすくいくつか解説しておきますね。

 

オブジェクト指向スクリプト言語である

Rubyはオブジェクト指向スクリプト言語と言われています。

 

この時点で「??」となると思いますが(笑)簡単にいうと、手軽にWebアプリケーションを作れるのがオブジェクト指向スクリプト言語です。

 

前半部分のオブジェクト指向というのは、書くコードが少なく作業効率が上がる言語のことです。効率が上がる理由としては、オブジェクト指向の場合、すべてのデータがあらかじめオブジェクトとして表現されているからです。オブジェクト指向の場合は継承という機能を使うことができるので、その機能によって、普通よりもずっと簡単にコードを書くことができます。

 

後半部分のスクリプト言語というのは、コンパイルという手続きが不要な言語のことです。通常プログラムを実行する場合は、コンパイルという手続きが必要ですが、スクリプト言語の場合はそれが不要なんです。そのため、簡易的にプログラムを書くことができます。

 

開発者は日本人

Rubyの開発者は日本人のまつもとひろゆき氏という方です。プログラミング言語には海外の言語が多いですが、Rubyは日本製なんですね。

 

日本発祥の利点としては、Ruby関連の情報に日本語のものが多いということです。プログラミング言語によっては情報取集が海外のソースになり、英語を読む必要がある言語も多いです。その点Rubyの場合は日本語が多いので、その分ストレスも少ないと思います。

 

Ruby On Railsのフレームワークを使える

RubyはRuby On Railsのフレームワークを使うことができます。

 

プログラミング言語にはそれぞれ開発をスムーズにするフレームワークというものがあります。Ruby On RailsはRubyで使えるフレームワークです。

 

このRuby On Railsが非常に使いやすいんですね。応用範囲が多く、後述しますが使っている企業も多いです。

 

クックパッドやTwitterでも使われているWeb系で人気の言語

RubyはクックパッドやTwitterなどでも使われている、Web系で人気の言語です。

 

人気の理由は2つでして、一つは開発効率が高いことです。Rubyはとにかく簡単にプログラムを書けるようになっているので、使いやすさから多くのエンジニアが愛用して使っています。

 

もう一つは先ほど述べたRuby On Railsの存在です。Ruby On Railsのフレームワークがあるからこそ、エンジニアは素早くプログラムを実行することができます。

 

僕は現在転職関係の仕事を本業でしていて、IT企業の採用なんかも間近で見ていますが、Rubyはベンチャーなどのスピード感を重視しているWeb系の企業で実際に多く使われていますね。採用要件に「Ruby on Railsが使える人」としている企業さんも多いです。Rubyは素早くプログラムを作って実行できるので、スピード感あるWeb系のベンチャーやスタートアップに相性が良いと思います。

 

プログラミング初心者がRubyを学ぶ方法

ruby プログラミング 初心者

 

  1. 独学する
  2. プログラミングスクールに通う

 

プログラミング初心者がRubyを学ぶ方法はこの2つです。

 

まずは独学です。ですが、個人的にはおすすめしていません。なぜかというと、プログラミングの独学は挫折しやすいからです。プログラミング独学者の90%は挫折していると言われています。プログラミングはエラーが多く、初心者には結構きついです。中途半端な意気込みでやると挫折すると思います。ちなみに僕も最初は独学にチャレンジしましたが挫折しました。だからこそ余計にそう思います。プログラミングは独学はおすすめしません。

 

その点プログラミングスクールなら簡単です。どんなに未経験でITに疎くても、プログラミングスクールなら挫折せずにスキル習得がしやすいです。プログラミングスクールのカリキュラムは良いですし、何よりサポートしてくれる講師の存在が大きいですね。エラーがある度に何時間も躓いていたら時間はいくらあっても足りません。そんな時に講師がいれば本当に覚えるべきことに時間を思いっきり割くことができます。

 

ですから、初めてプログラミングを勉強するなら、プログラミングスクールを選んでおくことが無難だと思いますよ。お金はかかりますが、その価値は十分あります。

 

おすすめのプログラミングスクール

個人的なおすすめのプログラミングスクールですが、

 

 

最短でプログラミングスキルを身につけるならこの2社ですね。TechAcademyはオフライン型なのでPCとネット環境さえあればどこでも受講できます。TECH::CAMPはオフラインがメインなので、教室に通って仲間と切磋琢磨したい人向きです。

 

プログラミングスクールには良いところもあれば良くないところもありますが、この2社は間違いない選択です。僕はこの両方とも受けましたが、どちらもとても良かったですよ。どちらも初心者向けのスクールですし、費用対効果はかなり高いと思います。

 

TechAcademyTECH::CAMPどちらも7日間のプログラミング無料体験があります。タダで受けられるので迷っているならせっかくなので試してみると良いですよ〜。

 

TechAcademyの公式サイトを見てみる

TECH::CAMPの公式サイトを見てみる

 

まとめ

プログラミング 初心者 ruby

 

Rubyはプログラミング初心者におすすめの言語です。

 

プログラミングは言語によって難易度が変わるといいましたが、実は一度どれかの言語を学べば、そこから別の言語を学ぶのはそこまで大変ではないんですよね。その点は外国語よりも簡単かもしれませんね。

 

ですから、まずはプログラミング学習をしてみたいという感じなら、Rubyを入り口として入ってみるのは良い選択だと思います。難しい言語にいきなりチャレンジして挫折するようなら、いっそのことやらないほうがマシですからね。Rubyをプログラミングスクールで受けるというのが、プログラミング初心者にとって最適解の一つだと思います。

 

いまエンジニアは人手不足ですので、プログラミングスキルを身につけて実務経験を2年ほど積めば、誰でもフリーランスエンジニアを目指せます。フリーランスになれば年収1,000万円や週3勤務で月収60万円、在宅勤務などのフレキシブルな働き方も実現できますよ。

 

ネットの前で悩んでいても現状は変わりません。いまなら本当にどんな人でもエンジニアの門扉が開かれていますが、これがいつまで続くかはわかりません。「あの時行動しておけば良かった」と後悔する前に行動できると良いですね。

 

7日間のプログラミング無料体験がおすすめです

  • オンラインなら:TechAcademy PCとネット環境があればどこでも受講できます。7日間無料体験あり
  • オフラインなら:TECH::CAMP Ruby以外にAIやVR、デザインも”同価格”で勉強できます。7日間無料体験あり

 

TechAcademyとTECH::CAMP体験談は以下よりどうぞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です