月曜、仕事に行きたくないと思うあなたへ伝えたいこと。

月曜 仕事行きたくない

日曜日の夜、ちょうどサザエさんがやっているころ。

 

「はぁ〜。明日から仕事か。行きたくないな・・・」

 

あなたはこう思っていまこの時を過ごしているかもしれないですね。

 

実は僕も、とにかく月曜が来るのが嫌な時期がありました。仕事で明らかに自分の力量を超えた成果を求められストレスが溜まっていて、「このまま月曜が一生来なければ良いのに・・」そう思ったことも何度ありました。だから、今あなたが「月曜、仕事行きたくないな・・」と感じる気持ちがよくわかります。

 

でも、結局「嫌だ・・・嫌だ・・・」と考えていても、現状は改善しないんですよ。だから、ちゃんとあなたの現在の状況に合わせて行動を起こすことが大事なんです。

 

「月曜、仕事に行きたくない・・」あなたはそう悩んでこの記事に辿りついたと思いますが、一度冷静になって本記事を読んでみてください。

 

月曜、仕事に行きたくないには2つのパターンがある

月曜仕事に行きたくないには、実は2つのパターンがあります。まずあなたが次のどちらに当てはまるか、一度考えてみましょう。

 

1. 土日が楽しすぎて、それと比較して月曜仕事に行きたくない

一つ目は、「土日が楽しすぎて、それと比較して月曜行きたくない」と思うことです。実はこのタイプは、全然深刻じゃないです。

 

土日に楽しいイベントがあった。仲の良い友人と会った。家族と穏やかな時間を過ごした。旅行で非日常を感じた。こういうことがあった後の月曜からの仕事は、凄くバイアスがかかっているものなんですよ。要は偏りある感情ということ。

 

人は基本的に比較しがちな生き物です。土日が楽しければ、それと平日を比較して、「土日は楽しかったけど、明日から仕事かぁ・・」とマイナス気味に感じてしまう生き物なんです。

 

でも、この比較から来る「仕事に行きたくない感情」は、実はあなたの本当の感情じゃないんです。なぜなら、前述通り”バイアスがかかっているだけ”だから。

 

このタイプの人は、月曜朝に「仕事嫌だなぁーーー・・・」と職場に向かい実際に仕事をしていると、「いつの間にか仕事が嫌だという感情が消えている」ことが多いです。

 

要は、もともと土日と比較していたから月曜朝が嫌に見えただけで、自分の現実が月曜の仕事に突入したら、もう比較対象の土日が頭から消えてしまっているんですよ。

 

だから、このタイプの人は、時間が経過した月曜の夜や火曜の朝には「仕事行きたくない・・」と思っていることは少ないです。一時的なバイアスがかかって、日曜夜や月曜朝に「仕事行きたくない・・・」と極端に錯覚していただけなんです。

 

一度「仕事に行きたくない・・」と悩んだ週を思い出してください。日曜夜、月曜朝に仕事行きたくない・・と思っても、火曜、水曜には普通に戻っていませんでしたか?

 

それなら、今回も戻ります。だから余計なことを考えず、まだ残っている休日の時間を存分に楽しみましょう。あなたがこの手のタイプで仕事に行きたくないと思っているなら、解決してくれるのは「時間」です。時間が解決してくれるので、放っておくことをおすすめします。

 

2. 土日関係なく、とにかく仕事が辛くて仕事に行きたくない

二つ目は、「土日関係なく、とにかく仕事が辛くて、仕事に行きたくないと思うこと」です。

 

本当に仕事に行きたくないと思う人は、日曜の夜や、月曜の朝に仕事に行きたくないと思うだけじゃなく、火曜の朝も、水曜の朝も、ずっと「仕事に行きたくない・・・」と思います。前者とは全く違い、土日のバイアスがかかっているんじゃなくて、「本当に仕事が辛い」んです。

 

土日のバイアスがかかっている場合、「辛い錯覚」があるだけで「時間が解決してくれる場合が多い」ですが、土日のバイアス関係なく、とにかく仕事が辛いとあなたが思っているなら、「時間が解決してくれるどころか、時間が余計に状況を悪くする可能性があります」。

 

だから、もしあなたがこのタイプなら、今すぐに行動を起こす必要があります。「時間の経過」は解決にならないんです。

 

月曜朝だけじゃなく、火曜も水曜も仕事に行きたくないなら行動が必要

  • 仕事内容が辛い・・・
  • 成果主義が辛い・・・
  • 同僚や上司とうまくやれてない・・・
  • 通勤時間がストレス・・・
  • 残業が多いのが辛い・・・
  • 会社に8時間拘束されるのが辛い・・・

 

上記のように考えられる理由はいろいろありますが、もしあなたが日曜夜、月曜朝に仕事に行きたくないと感じ、それが火曜も水曜も続くなら、前述通り何か手を打たなきゃいけません。そうしないと、事態はどんどん悪化するし、あなたの心身も壊れてしまいます。

 

本当に辛いなら転職も一つの手段

おそらく、この記事を読んでいるあなたは、一度や二度は「転職すること」が頭によぎったことはあると思います。

 

僕はキャリア支援を仕事でしていて、日々多くの転職希望者と向き合っていますが、本当にあなたが辛いと思っていて、心身ともに壊れそうなほどに追い込まれているなら、転職をすべきだと僕は思います。

 

もしあなたが年収1,000万円以上あり、それが年収300万円代まで下がるのは勇気がいるでしょう。でも、もしあなたが年収500万円代で、それが年収400万円代に下がるくらいなら、それで心穏やかに過ごせるようになるなら、凄く良い転職だと思いますよ。

 

お金は失っても稼ぐことができます。キャリアだって、今の時代は昇進することがすべてじゃないです。仕事が辛くて転職や独立をして、その後に幸せになった人を僕は山ほど見てきましたよ。

 

転職、独立、複業。いろんな働き方が認められていってます。今の職場にいると、今の職場が世界のすべてで、あたかも自分の居場所はそこにしかないと感じてしまうと思います。

 

 

でも、世の中にはあなたが思っている以上にたくさんの会社があり、多様な働き方をしている人がいるんですよ。あなたが思っている以上に、あなたは選択肢を持っていますよ。これを忘れず、行動を起こしてください。

 

このブログでは、「一つの会社に縛られない生き方、働き方、キャリアの考え方」を取り上げています。あなたが今選択肢がないのは、いろんな働き方があることを知らないだけだと思います。だから、よければこのブログや僕のTwitterをフォローしてチェックしてみていただけると、きっと選択肢が広がると思いますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です