レバテックフリーランスについて徹底的に解説していく

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス はフリーランスエンジニア、フリーランスデザイナーに特化した案件マッチングサービスで、個人的にイチオシのエンジニア向け専門エージェントです。

 

僕は現在、企業や個人向けのキャリア支援の仕事を本業としてやっていますが、仕事柄、エンジニアやIT企業の生の声をよく聞くんですよね。で、最近特に思うのが、独立を考えているエンジニアの方が凄く増えているということ。

 

でも、独立を考えている一方で、いざ独立をしようと思ってもやっぱりいろんなことを悩んで堂々巡りをしてしまい、結局何も行動を起こせずにいるエンジニアの方がたくさんいるんですよね。基本、多くのエンジニアの方々は腰が重いので。笑

 

で、エンジニアの彼らに実際に「独立に対するイメージ」を聞いてみたところ、よく挙がった声は次の通りです。

 

  • 「独立してやっていけるか不安」
  • 「そもそも人脈ないし、仕事ができるイメージがわかない」
  • 「フリーランスエンジニアの年収って、ぶっちゃけどうなの?」

 

企業から離れて独立することって悩むし、勇気がいりますよね。

 

でも、いくら自分の中で独立するか考えていても、結局何十時間、何百時間悩んでいても、前進すらしないと、僕は思うんです。

 

なので、独立を考えているエンジニアの方には、まずフリーランス向けのエージェントに相談してみてほしいなぁと。そのなかでも、特にレバテックフリーランスに足を運んでみてほしいなぁと個人的には思っています。

 

レバテックフリーランスについて

レバテックフリーランス

冒頭でもお伝えしましたが、僕がフリーランスエンジニア向けエージェントで最も利用価値が高いと思っているのは、レバテックフリーランスです。レバテックフリーランスの特徴を挙げていきます。

 

高単価の案件が多い

レバテックフリーランスにはとにかく高単価の案件が多いです。

 

レバテックフリーランスに登録しているフリーランスエンジニアの平均年収は801万円です。

 

・・・いやいや、高くないですか?30歳のサラリーマンエンジニアの給料は平均して年収400万円台なので、その差約2倍。圧倒的差です。

 

案件ベースで表すと、PHPやJAVAで大体70〜80万円ほど。月の給料が20万円とかサラリーマンエンジニアであればザラなので、いかに収入差が大きいかは一目瞭然ですね。

 

ご存知の通り、エンジニアはいま完全に売り手市場で、案件の数にエンジニアが追いついていないです。つまり、需要より供給が少ない分、少ない供給を確保するため、企業は高い報酬を用意しているということなんですね。

 

エンジニアにとってはこの上ない最高の環境がいまの時代にはありますが、それでも一企業に属するエンジニアの給料がトントン拍子に上がっていくことは、残念ながらないんですよね。

 

なぜなら、自社の社員であれば、給料を上げずとも責任範囲や仕事を押し付けられますから。言い方は悪いですが。

 

一方、社外の力を必要とする場合は別です。社内ではなく、案件ベースで契約するフリーランスエンジニアや、転職市場で価値の高いエンジニアであれば、そもそも高い収入を提示しなければ仕事をしてくれませんから。フリーランスエンジニアであれば、この良いマーケット環境につられて高収入を実現できるんですよね。

 

このように、レバテックフリーランスで仕事をすれば、サラリーマンの2倍、3倍の収入を実現することは可能です。しかも、比較的容易に。

 

普通にサラリーマンで年収800万円稼ごうとすれば、熾烈な争いは避けられません。でも、フリーランスエンジニアなら、そんな熾烈な争いをすることなく、年収800万円を実現できてしまうんですよね。

 

さらに言えば、仕事が見つからないなんて状態もありません。人脈がなくても、レバテックフリーランスのようなエージェントを使えば仕事はいくらでも現状見つかります。もはや仕事が余っている状態ですから。特にスキルの高いエンジニアであれば選び放題です。

 

収入を上げたいなら、フリーランスになることが最も近道で効率的。年収の数値も物語っていますが、これが事実です。

 

マージン比率が低い

レバテックフリーランスはマージン比率が低いです。

 

通常、こういったエージェントを介することで、あなたがした仕事に対するマージン、すなわち手数料がエージェントに持っていかれます。その比率は各エージェント毎に異なりますが、レバテックフリーランスのマージン率は業界の中では低く、結果としてあなたへの手残り、つまり、収入が増えます。

 

また、レバテックフリーランスの案件は90%以上が直請けです。企業とフリーランスの間にレバテックフリーランスしか介在していないため、その分手残りはさらに増えるんですよね。

 

独立して一番怖い状態は仕事がないこと。その点はレバテックフリーランスが求人を持ってきてくれるので補ってくれます。さらに、ただ補ってくれるだけでなく、その仲介費用もレバテックフリーランスなら安いため、高水準の収入を実現できると言うことです。

 

支払いサイトが短い

レバテックフリーランスは月末締め翌月15日払いの15日サイトです。これは、業界内でも最短クラス。

 

フリーランスの心配事の一つに資金繰りの問題があるかと思いますが、その点、15日サイトというのはめちゃめちゃ魅力的だと個人的に思います。当月働いて、実際に収入が手元に入るのが数ヶ月後なんてザラです。

 

その点、レバテックフリーランスは現金不足の心配を、手間なく最小限にすることができる支払いサイトとなっているので、ぜひ収入源の一つに組み入れてほしいと思います。財務の安定感が抜群になるので。

 

抜群のフォロー体制

レバテックフリーランスは、案件の提案や相談はもちろん、企業との面談事前アドバイスや、企業との顔合わせ同行までしてくれます。

 

ここまでやってくれるエージェントって、なかなかないですよ。契約関係も代行してやってくれるため、手間なく良い案件を手がけたい人にとっては有難いと思いますね。エンジニアは自分の仕事に集中したい気質の方が多い為、こういう煩雑なことをやってくれると助かりますよね。

 

無料案件紹介は今すぐこちらをクリック⇨ フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

 

レバテックフリーランスの案件紹介までの流れ

フリーランスエンジニアの場合

今すでに独立している方の、レバテックフリーランス案件紹介までの流れは次の通りです。

  1. 会員登録
  2. スキルシートの記入
  3. 面談
  4. 案件紹介

だいたい一週間くらいあれば1〜4までできます。手間もかからず、年収が2倍、3倍になる可能性があるので、フリーランスエンジニアであれば、案件紹介をまず受けてみると良いと僕は思います。

 

サラリーマンエンジニアの場合

一方、まだ独立していないエンジニアの方でも、レバテックフリーランスには独立した場合の想定年収や案件を知ることができる「案件提案サービス」があります。案件提案サービスの流れは次の通りです。

  1. 会員登録
  2. 診断
  3. メールにて結果送付

こちらは全てWeb、メール上で完結します。手間が全くかからない上に、独立した場合の仕事や年収を知れるなら、やらない意味がないと個人的には思います。むしろ知ってしまったら、収入額だけ見たら、人によってはもうサラリーマンをやること自体がバカらしく感じるかもしれません。

 

無料案件提案サービスは今すぐこちらをクリック⇨ フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

 

よくある質問

何で無料で使えるの?

レバテックフリーランスはあなたではなく、企業側からもらう収入で成り立っています。

 

これは人材紹介などの転職エージェントでは一般的なビジネスモデルで、レバテックフリーランスもこのビジネスモデルを採用しています。

 

案件を探している人は、ただで案件を見つけられる上に仕事の対価としての収入が入り、人手が欲しい企業は、人手とそこからビジネスで収入を得られる。仲介をしたレバテックフリーランスはその仲介によって収入をもらう。

 

このように、みんなが得するビジネスモデルになっています。

 

ぶっちゃけ求人の質はどうなの?

レバテックフリーランスの求人の質は高いです。

 

というのも、レバテックフリーランスの担当者は、年間3000回以上、取引先の現場に足を運んでミーティングや開発プロジェクトのヒアリングを行っているんですよね。現場レベルに深く入りこんでいるからこそ、企業の実態はもちろん、どんな人材やどんな能力を企業が欲しているかを、的確かつ正確に知り尽くしています。

 

もちろんその過程で、企業側の労働条件なども正確に把握しています。それを知った上で、優良企業とコネクションを作っていってるのがレバテックフリーランスです。透明性が高い分、質は他のエージェントより高いので安心してください。

 

求人の地域はどこがあるの?

レバテックフリーランスの案件は東京が中心で、最近では大阪にも進出しています。

 

個人的には東京の方はもちろんですが、大阪の方にも是非レバテックフリーランスを知って欲しい。

 

会社に属していると、東京より大阪のエンジニアの方の方が給料が低い傾向があります。

 

その点で、レバテックフリーランスを使ってフリーランスエンジニアになれば、それだけで収入3倍も目指せます。

 

まずはレバテックフリーランスに相談し、独立した場合の想定年収を確認することをおすすめします。

 

在宅勤務はできるの?

現状、在宅勤務の案件は少ないです。なので、基本は常駐案件と思っておきましょう。

 

とはいえ、仕事柄いろいろな企業の動きを間近で見ていると、時代の流れは在宅勤務の方向に進んでいることは確かです。

 

レバテックフリーランスにおいても、在宅勤務案件もこれから増えていくでしょう。その時に案件を取りこぼさないように登録してチェックしておくことを個人的にはおすすめします。

 

独立を考えているならまずエージェントに相談を

これまで述べてきたように、レバテックフリーランス は独立をしている、または考えているエンジニアにとって最適なエージェントです。

 

レバテックフリーランスの相談・利用は完全無料です。0円です。リスクすら全くないんです。

 

それでいて、フリーランスエンジニアになったら実際にどんな案件を受けられるか、想定年収はどれくらいかも、独立をする前に全部わかってしまいます。

 

フリーランスの世界で、こんな恵まれた世界はありませんよ。この先10年20年、今の年収や待遇で企業で働くか、それとも今の年収の2倍3倍を叶え、悠々自適なフリーランス生活を送るか、全てはあなたの行動次第。

 

無料案件紹介は今すぐこちらをクリック⇨ フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です