初心者がTOEIC600点を3ヶ月で取る勉強法【爆速で英語力をつけるために】

toeic 600点

TOEICで600点を取るというのは、英語初心者にとって一つの目標となる数値です。

 

僕はもともと英語が全くできない人で、当初のTOEICの点数は400点でした。かなりひどい状態でしたが、そこから英語を勉強することを決意し、そこから3ヶ月かからない間にTOEIC600点を達成することができました。その後は順調に点数を伸ばして700点を超え、そこから外国人相手のプレゼンや商談を任されるようになり、最終的には海外勤務を勝ち取りました。

 

これだけ聞くと、「もともと才能があったんじゃないの??」とか思うかもしれませんが、僕は超平凡な人で、特に才能もありません。僕がやったことは、「効果的な勉強法を愚直に続けただけ」です。

 

人によって多少の時期の差はあるとおもいますが、今回は初心者が「TOEIC600点」を最短3ヶ月で取る英語勉強法を、僕自身の実体験をもとにまとめました。

 

  • 英語初心者だけどTOEICで600点を取りたい
  • TOEICの勉強をしているけど伸び悩んでいる
  • 効率的なTOEICの勉強法を知りたい

 

あなたが上記のいずれか一つでも当てはまるなら今回の記事を読んでみてください。今回は分量が多いので、必要に応じて目次から飛んでください。

 

TOEIC600点のレベル

toeic 600点 勉強法

 

英語学習を始めたばかりでは、TOEIC600点がどの程度のレベルかわからないかもしれないので最初に説明しますね。

 

TOEICは600点から履歴書や職務経歴書に書けるレベル

TOEIC600点は、就職や転職の履歴書にかけるレベルです。あなたの立場にもよるとおもいますが、大学受験、就職、転職ではざっと以下のようなイメージです。

 

  • 大学受験⇨600点
  • 就職⇨600点(英語を武器とするなら800点)
  • 転職⇨600点(英語を武器とするなら800点)

 

 

企業側に「自分は英語がこれだけできますよ」というアピールとして点数を載せられるのが、TOEIC600点からということです。つまり、多くの英語学習初心者にとっては、まず600点を目指すことを僕はおすすめしています。

 

TOEIC600点を最短で取るための戦略

toeic 600点 勉強法

 

早速勉強法に移りたいところですが、TOEIC600点を取るためには「戦略」が必要です。特に、最短でTOEIC600点を取るなら、この戦略は不可欠です。

 

戦略は2つあります。

 

戦略1: どのパートで何点取るか?

一つ目の戦略は「どのパートで何点取るか」です。

 

TOEICにはリスニングパートとリーディングパートの2つがあります。それぞれ満点の場合は次のようになります。

 

  • リスニングパート:495点
  • リーディングパート:495点

 

さて、通常TOEICで600点を目指す場合、リスニングで300点、リーディングで300点を目指すと思いますが、個人的には「リスニングに比重を置いた戦略」をおすすめしています。

 

リスニングに注力したほうが、実践的な英語力が身につく

その理由は、リスニングの方が「実践ですぐに使える英語」だからです。

 

リーディングパートは、読解力や単語力、正しい文法力などが求められますが、これってもともと日本人が得意な分野ですが、そもそも日常生活であまり使わない能力です。あなたも中高で勉強しましたよね?でも英語を話せないし聞き取れないですよね?そういうことです。読解力や文法力って、実際そんなに使う場面ないんですよ。

 

一方のリスニング力は、実生活ですぐに使える能力です。日常生活の基本は会話ですからね。会話の際、聞く能力は不可欠です。

 

不可欠にもかかわらず、僕たちは中高でそこまで注力して学んでこなかった。だから、「リスニング」に注力すべきなんです。リスニングは実践ですぐに使える能力にもかかわらず、今まで学んでこなかった。だから、このタイミングで集中して伸ばすべきなんです。その分伸びしろも大きいです。

 

リスニングで350点を目指す

リスニングとリーディングなら、リスニングに注力しましょうというのが僕の考える戦略です。それがあなたの今後を考えても良いし、リスニングは点数も伸びやすいので効率的でもあります。

 

それを踏まえて、リスニングとリーディングは以下の配分を目指し、合計で600点を目指しましょう。

 

  • リスニングパート:350点
  • リーディングパート:250点

 

リスニングで350点を取る。これが戦略です。

 

もともとリーディングが得意な方であれば、リスニングさえ伸ばせば、600点以上を最短で取ることも可能です。

 

述べた通り、リスニングが伸びれば日常英会話のリスニング力も身につきます。TOEICの勉強をしながら、使える英語力も一緒に身につくなんて一石二鳥じゃないですか。だから、初心者がまず注力すべきはリスニングなんです。

 

リスニングで350点を目指す。これが一つ目の戦略です。

 

戦略2: 学習にどのくらいの時間をかけるか?

次の戦略は、「学習にどのくらいの時間をかけるか?」です。

 

今回は、かつての僕のようにTOEIC点数が400点の人が、TOEIC600点を目指すケースを考えます。TOEIC400点の人がTOEIC600点を取るには、200点のスコアアップが必要です。

 

ここで、プロに聞くTOEICの勉強法の記事によると、TOEICのスコアを100点上げるのに必要な学習時間は「200-300時間」です。つまり、TOEIC400点の人がTOEIC600点を目指すなら、だいたい400-600時間の学習時間が必要になるということです。

 

ですので、TOEIC400点の人は3ヶ月で400時間が目安の勉強時間となります。1日あたりに換算すると、1日4.44時間です。

 

どうでしょう?これを聞いて多いと感じますか?もし多いと感じるなら、今回の英語勉強法を取り入れてください。

 

今回紹介する英語勉強法は、僕自身が実際に行った学習方法をベースにしています。その時は1日3時間程度の勉強でしたので、270時間ほどで600点を達成できました。

 

400時間の学習量をベンチマークとしながらも、それよりも短い時間でTOEIC600点の壁を越える。これがもう一つの戦略です。

 

TOEIC600点を3ヶ月で取る勉強法

toeic 600点 勉強法

 

戦略は決まりました。ここから早速、最短3ヶ月でTOEIC600点を取る勉強法には入ります。

 

リスニングパートとリーディングパートに分けて、僕自身の実体験から生み出した効率的な勉強法を紹介します。

 

リスニングパート

英語の発音をまず覚える

リスニングのスキルを上げるために一番必要なこと、それは英単語を覚えることでもなく、Podcastを聞き流すことでもなく、洋画を見ることでもありません。「英語の正しい発音を覚えること」です。

 

日本人の英語学習で決定的に足りないのは、僕は「発音の勉強」だと思っています。発音を理解していないから聞き取れないし、発することもできないんです。自分が発声できない音は、聞き取れないんです。

 

あなたは中高で英語の発音記号の勉強をしましたか?してないですよね。そう。僕たちは英語の発音記号を勉強していないんです。これが、日本人の英語力が低い原因です。

 

あなたはかつての僕のように知らないかもしれませんが、日本語と英語は完全に異なる言語です。発音に関して異なる点は次のものです。

 

  • 発声
  • 文字
  • 周波数
  • アクセント
  • 息継ぎ
  • リンキング

 

このように、日本語と英語は発音も違えば文字も違うし、周波数も違えばアクセントも違い、息継ぎやリンキングも違うということです。むしろ、共通点を探すほうが難しい。それほど完全に異を対する言語なんです。

 

なのにもかかわらず、日本の英語教育では発音の勉強をしていないんです。そりゃ聞き取れないし発声できないよという話です。だから、まずは発音を勉強しましょう。

 

発音のおすすめ教材:英語耳

英語の発音を学ぶためのおすすめ教材は英語耳です。僕はこの本を使って、伸び悩んでいた英語のリスニング力は飛躍的に伸びました。

 

この本は日本人が理解できない英語の発音を体系的に教えてくれるため、英語初心者であってもスッと英語の発音を理解できるようになります。

 

舌の動かし方、口の開け方、発声方法などが発音記号とともにわかりやすく書かれているので、発音記号ごとの正しい音が身につきます。CD付きなので、実際に耳で聴きながら発音してみる。そうやって繰り返していくことで、英語の発音が身についていきます。

 

リスニング力アップだけじゃなく、英語の発音もきれいになりますよ。ネイティブみたいなきれいな発音ができるようになったらカッコイイですよね。費用に対して得るものが大きすぎる一冊です。

 

 

ディクテーションを徹底的に行う

英語のリスニング力を短期間で上げるなら、ディクテーションがめちゃめちゃ効果があります。僕がTOEICの点数を爆上げできたのは、このディクテーションに取り組み始めてからでした。

 

僕は、英語耳で英語の発音を理解した後、ディクテーションをとにかく繰り返しました。TOEIC600点は通過点として越え、そこから700点までは割と一瞬で到達しました。それも、このディクテーションをとにかく愚直に続けたからです。

 

そもそもディクテーションとは、「聞いた英語を書き取っていく作業」です。英文を音で流し、一つ一つ単語を書き取って文章にしていきます。聞き取れない言葉は何度も繰り返し聴き、書き取っていきます。これを繰り返して、一連の英文を全部書き取っていく、これがディクテーションです。

 

ディクテーションは精聴力が身につく

ディクテーションで磨けるスキルは英語の精聴力です。英語の精聴力が身につくと、パッと英文がの音が流れてきても、その一つ一つの単語、フレーズが頭にスッと入ってくるようになるんですよ。

 

僕自身も少し聞きなれない英文を聞いた時は、「何言ってるんだ・・全然聞き取れない・・」という状態でした。

 

そのため、前述した英語耳で発音を覚え、それを元にディクテーションを愚直に繰り返していった結果、だんだんと聞き取れる音の種類が多くなり、いつしか英文がスッと頭に入ってくるようになりました。

 

僕は、英語耳とディクテーションのセットは最強のリスニング勉強法だと自負しています。あんなに聞き取れなかった僕ですら、聞き取れるようになったんですから。ぜひあなたの学習にも取り入れてほしいです。

 

ディクテーションのおすすめ教材:Podcastなど

そんな効果あるディクテーションですが、おすすめの教材は「再生・停止・巻き戻しが容易にできて、かつスクリプトがあるもの」です。その条件に合うものなら何でも良いです。

 

僕は無料で聴けるPodcastを使ってました。TEDとかCNN 10とかですね。ここらへんは少しレベルが高いですが、こういう無料で聴ける英語教材はたくさんネットにあります。

 

上記の条件に当てはまるものなら繰り返し聴くことができるし、スクリプトもちゃんとあるため、自分が聴き取れた音、聴き取れなかった音を振り返ることができます。

 

最初のうちは、難しい英文を聴くより、易しい英文でたくさんディクテーションをすることがおすすめです。6 minutes Englishは使われている英語も難しくなく、かつ話されている英語もゆっくりのためおすすめです。僕も最初のころはよく使っていました。

 

リーディングパート

次にリーディングパートです。

 

文法の良書を一冊やりこむ

文法の良書を見つけ、その一冊を徹底的にやりこむこと。TOEICの文法はこれでOKです。

 

TOEICのリーディングパートは基本的な英文法を抑えておくだけでも、そこそこの点数は取れます。なので、一冊の良書を見つけ、そこで基本的な文法を徹底的に抑えることが必要です。

 

教材ばかり集める教材コレクターのような人もいますが、これはおすすめできません。お金の無駄だし、時間の無駄です。TOEICの文法は一冊の良書で十分ですよ。

 

おすすめの教材: 一億人の英文法

僕は今まで、フォレストなど複数の文法の本を使ってきましたが、一番良かったのがこの一億人の英文法でした。

 

一億人の英文法は、まさに日本人のための文法の教科書といった感じです。この本が凄くいいなぁと思ったのは、本のゴール設定が読解力を身につけることじゃなく、「英語を書き、話せるレベルに到達すること」である点です。

 

「英語を読むことはできるけど話せないし書けない」じゃ意味なくて、「英語を読むことはできるし、話すことも書くこともできる」という状態が理想ですよね。どうせ文法を学ぶなら、後者になりたいですよね。

 

その「書く、話す」能力を高めてくれるのが、この一億人の英文法なんです。ただ読めるだけじゃ意味ないです。話せるようにならなきゃ。それなら一億人の英文法で決まりです。

 

 

TOEIC頻出語を最優先で覚える

TOEICの英単語は、TOEICの頻出用語を最優先で覚えましょう。

 

英語って、単語さえ覚えれば何とかなる部分が結構あります。僕は海外に住んでましたが、わからないことはよく単語だけ調べて伝えるようにしてました。

 

あまりに込み入ったケースは別として、日常の些細なことの大半は大体それで何とかなったケースが多く、実際単語だけでも何とかなるんだなと実体験をもって感じたのは大きかったです。

 

そしてそれと同じで、テストも単語さえわかっていれば何となく意味がわかったりするものなんですよ。つまり、単語を覚えるだけでも問題が解けて、点数アップに繋がることはTOEICでは起こり得るんです。

 

だからこそ、TOEIC用に単語を覚えるなら、TOEICで頻出する英単語をとにかく覚えましょう。むしろTOEICに限れば、それ以外は覚えなくても良いです。

 

おすすめの教材: TOEIC 金のフレーズ

TOEIC用の単語帳を今まで複数使ってみましたが、一番良かったのはTOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズです。

 

とにかくTOEICに出る頻出単語を徹底的に抑えた本がこれです。著者が実際に何度も何度もTOEICを受講して、出る単語を分析してまとめあげた珠玉の一冊です。僕も金のフレーズを愛用していて、実際ここから出る単語はめちゃめちゃ多くて助けられました。

 

金のフレーズは初心者用の基礎単語もしっかり網羅されているため、TOEIC600点を目指すならこの本からスタートすればOKです。文法と同じで、単語帳もこれ一冊で十分です。

 

易しめの英文を多読する

英文法と英単語を個別で抑えたら、後はとにかく英文を多読しましょう。

 

英文多読の目的は、「あなたの脳を日本語脳から英語脳に切り替えること」です。

 

英語脳とは、英語を英語のまま理解する脳を指します。英文を聞いて、日本語に訳さずにそのまま内容をイメージできる状態が、英語脳ができている状態です。

 

This is an apple.と聞いて、パッとイメージできますか?英文をパッと見ただけでその情景がイメージできるなら、それは英語脳の状態です。

 

逆に、あなたがこれを「これはりんごです」と頭の中でいちいち日本語訳しようとしていた場合、それは英語脳ができていない証拠です。

 

「英語を英語のまま理解すること」、「This is an appleというフレーズを一つのかたまりとして見て、意味を即座にイメージできること」、これが英語脳です。

 

英語脳を作るためには、易しい英文をとにかくたくさん多読し、たくさんのフレーズに慣れ親しむことが効果的です。いちいち日本語に訳すのではなく、パッ、パッとブロックごとにフレーズを見るようにし、その情景をイメージしていきます。これを繰り返していると、一瞬で英語を英語のまま理解できるようになっていきますよ。

 

おすすめ教材:易しめの洋書

英語脳を作るための多読をするなら、洋書が楽しく読めておすすめです。

 

僕は英語勉強を始めたころ、よく洋書を読んでいました。それが英語を英語のまま理解する英語脳形成に役立ったんですね。

 

ポイントは易しめの洋書を選ぶこと。丁寧に読まないと読めないようなレベルではあまり意味がなく、パッパッと読み進めるレベルの洋書が最適です。

 

「自分にどの洋書が合うかわからない。。」というなら、Amazonの英語難易度別で洋書を分けたコーナーを参考にましょう。Amazon 英語難易度別リーディングガイドですね。ここには、レベル別で洋書が分かれて書いてあるため、一目で自分のレベルに合う洋書を見つけることができますよ。

 

Lexile指数というのが難易度を示す数値ですが、775L-995LがTOEICリーディング250点以上のレベルです。英文多読であれば、この一つ下のレベルでも良いです。気になる本があれば読んでみましょう。

 

リスニング、リーディング共通で使える勉強法と教材

これまでリスニング、リーディングそれぞれの勉強法と教材を、僕自身の実体験をもとに取り上げました。

 

そして実は、このリスニング力、リーディング力の両方を効率的に伸ばしていけるサービスがいま存在します。それがスタディサプリENGLISHです。

 

スタディサプリENGLISHがおすすめ

スタディサプリENGLISHはリクルートが出している英語学習サービスです。日常会話コースとTOEICコースの2種類があり、TOEIC利用なら後者です。

 

このスタディサプリENGLISH、以前別の記事でも以下の通り取り上げましたが、非常に質の高いサービスで、僕個人愛用しています。

 

スタディサプリENGLISHはAppストアの教育カテゴリーで人気No.1アプリになった、リクルートが提供している大人気アプリです。僕自身もずっと使って愛用しているアプリです。

 

社会人のTOEIC学習って、「ちゃんと学習効果を感じながら、無理なく続けられること」が個人的に重要だと思っています。

 

それでも、多くの人は学習効果も感じられないし、無理なく続けることもできないんですよね。通勤中にPodcastを聴いたり、単語を覚えたりしていても、「自分は成長できているんだろうか?」「これを続けて効果あるんだろうか・・」と思ったり、机に向かって教材を解いていても、忙しい社会人はだんだんとその時間すら億劫になり、無理なく続けられるどころか、無理しても続けられなくなるんです。

 

その点、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースは「学習効果」の観点でも「無理なく続けられる」という観点でも優れていると使っている僕は思います。

 

スタディサプリENGLISHはプログラムの質が極めて高いです。つまり、一切の無駄がないということ。実際、利用者統計では多くの人が2.8ヶ月で「学習効果を実感できた」と回答しているほどです。しかもスタディサプリENGISHはアプリでレッスンを受けられるので、通勤時間、昼休み、隙間時間をフル活用できます。「机にむかってさぁ勉強!」と意気込む必要すらないんです。

 

だから僕は、もし社会人がTOEICで高得点を取り、キャリアや仕事に生かしていきたいなら、スタディサプリENGLISHが一番良いと思います。値段は月2000円弱とそこそこしますが、これくらいの出費はできないようであれば、そもそも英語力を短期間で伸ばすことはできないと思います。

 

このサービスの素晴らしい点は、何と言ってもリスニング、リーディングの双方の点数を最短で上げるための内容が凝縮されている点です。詳しくいうと、

 

  • TOEICのプロ講師が講義する「神授業」という講義動画がある
  • ディクテーションの機能も豊富
  • 演習問題、解説もスマホで全て完結

 

こういう利点がたくさんありますが、特に良いのは「神授業」ですね。スタディサプリをここまで有名たらしめた講義動画です。

 

特に評判が高いのがカリスマ英語講師と呼ばれている関正夫氏の講義。関正夫氏の講義はクオリティが半端ないです。そこらへんにある書籍を読むより、中高の英語教師の授業を受けるより、何倍も何十倍も濃密な講義をアプリで受けることができます。すごい時代ですよね。

 

もしあなたが最短でTOEIC高得点を目指すなら、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースで彼の講義動画だけは見ておいた方が良いですよ。講義動画も含め、スタディサプリENGLISHの投資効果は抜群に高いし、現時点でこれ以上に良いものを僕は知りません。特に使い勝手や質の高さはピカイチです。

 

このスタディサプリEnglishですが、いまなら無料で7日間、お試し体験をすることができます。もし少しでも気になるなら、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

使うためには一度登録をする必要がありますが、登録自体数分で終わります。実際にあなたのスマホで使ってみて、良いと思ったら継続し、やめようと思ったら7日経つ前に解約すればお金はかかりません。解約もWeb上で数分でできるので、気軽に試してみると良いですよ。

 

▼APPストア教育カテゴリー人気No.1の大人気アプリ。スタディサプリEnglish▼

スタディサプリEnglish公式サイトを見てみる

 

以上が、TOEIC600点を最短3ヶ月で取る英語勉強法です。

 

TOEIC600点は誰でも取れる

toeic 600点 勉強法

 

述べてきたとおり、TOEIC600点は誰でも取れます。社会人で忙しく、かつ才能のない僕でも取れたんです。だから、あなたにもできます。

 

そのためには、正しい戦略のもと、正しい教材を使い、正しい方法で勉強することが必要です。その全てを詰め込んだのが、今回の記事です。

 

おすすめ記事:【スタディサプリEnglish TOEIC対策講座の効果】海外で英語で仕事をしていた僕が感じた魅力

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です