【社会人向け】働きながら学べるプログラミングスクールを5つ紹介【学習方法も解説】

【社会人向け】働きながら学べるプログラミングスクール

プログラミングって難しそうだけど、働きながらでも学べるのかな?仕事しながら合間の時間でプログラミングが習得できるプログラミングスクールを知りたい

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、もともとプログラミングは未経験でした。仕事は忙しかったですが、それでも合間の時間を活用してをプログラミングスクールを利用したことで、プログラミングを習得することができました。現在は会社員として就職・転職支援の仕事をしながら、当時身につけたWebスキルも活用しながら、Webサイトをマネタイズして個人で稼いでいます。

 

さて、僕の経験から言えることは、社会人が働きながらプログラミングを学ぶなら、プログラミングスクールを受講することがベストということです。

 

今回の記事を通じてわかること

  • 社会人がプログラミングを習得するおすすめの方法
  • 社会人向けのプログラミングスクールの選び方
  • 社会人向けのプログラミングスクール

 

これらのことが本記事を通じてわかります。5分ほどで読めますので続きをどうぞ。

 

社会人として働きながらでもプログラミング習得はできます

社会人として働きながらでもプログラミングは習得できます

 

まずはじめに、「仕事を続けながらプログラミング習得なんてできるのかな?」と不安に思っていると思いますが、社会人として働きながらでも、プログラミング習得はできます。なぜなら、社会人として働きながら、プログラミングを習得している人はたくさんいるからです。

 

冒頭の通り、僕も仕事を続けながらプログラミングを勉強して習得しました。後述しますが、実は挫折をしかけたこともありました。それでも最終的には、スクールを通じてスキルを習得することができましたので、今日はその詳細も含めて、社会人がプログラミングを習得するオススメの方法もご紹介しますね。

 

社会人のプログラミング勉強方法

社会人のプログラミング学習方法

 

さて、社会人がプログラミングを勉強する方法は、以下の2つがあります。

  • 方法①:独学をする
  • 方法②:プログラミングスクールに通う

 

結論としては冒頭でもあげた通り、社会人がプログラミングを習得するならプログラミングスクールを利用することです。そのことがわかるよう、それぞれのメリット・デメリットを解説していきますね。

 

方法①:独学する

まずは独学。独学は前述通りおすすめできません。なぜなら、一言で言えば独学は挫折しやすいからです。

 

前述通り、僕も最初はプログラミングの独学にチャレンジしたことがありますが、敢えなく挫折をした経験があります。プログラミング学習は大変です。特に、学び始めた初期の頃はエラーの対処法もわからないですから、都度自分でネットや本で調べる必要があります。プロであればすぐにわかるようなエラーも、初心者だと何時間もかかることもあります。現に、プログラミングを独学で勉強した人の約90%近くは挫折しているとまで言われているほどです。それほどまでに、独学は大変ということです。

 

独学は、学生など時間に余裕がある人なら選択肢としてはアリかなと思います。ですが、時間の限られる社会人の場合であれば独学はやめておいた方が無難です。僕自身が挫折を経験しましたので、自身の経験からもそう思います。

 

方法②:プログラミングスクールに通う

もう一つがプログラミングスクールに通うこと。こちらの方がおすすめです。なぜなら、一言でいえば、最短1ヶ月という短期間でもスキル習得ができることに加え、挫折しにくいからです。

 

前述したエラーが発生した際も、プログラミングスクールであればプロのエンジニアがすぐにサポートをしてくれますので、立ち止まることがないんですよね。スクールを使えば大事なことを無駄なく学ぶことができるので、結果として習得までの期間は圧倒的に短くなります。

 

つまりプログラミングスクールを使うことは、時間をお金で買う方法です。独学であればお金はかかりませんが、膨大な時間がかかります。早くても半年くらいはかかるかなと思います。ですから前述通り、独学はお金がないけど時間はある学生なら良いですが、社会人が選ぶ方法としては違うかなと。

 

ということで、独学をして挫折して貴重な時間を無駄にするくらいなら、スクールを使ってお金で時間を買いましょう。

 

社会人のプログラミングスクールの選び方

社会人のプログラミングスクールの選び方

 

社会人がプログラミングを学習するならプログラミングスクールを使うことが最適解です。プログラミングスクールで勉強する方法には、以下の2種類のタイプがあります。

 

  • 方法①:オフライン型のプログラミングスクールに通う
  • 方法②:オンライン型のプログラミングスクールに通う

 

この2つです。それぞれメリット・デメリットを解説していきますね。

 

方法①:オフライン型のプログラミングスクールに通う

一つ目の方法は、オフライン型のプログラミングスクールに通うことです。オフライン型のスクールとは、教室に通って学習を進める形式のスクールです。それぞれメリット・デメリットは以下の通りです。

 

オフライン型スクールのメリット

講師と直接話しながら学習できる

仲間と切磋琢磨できる

 

オフライン型スクールのデメリット

忙しい中や疲れている中でも教室に通う必要がある

社会人だと平日の時間の活用が難しい

地方在住者だと受講が難しい

 

こんなイメージです。講師や仲間と顔を合わせることはできますが、自由や利便性に欠けるというのがオフライン型スクールの特徴です。また、地方在住者の方は選択肢が狭まります。多くのスクールは東京や地方都市に集約していますから、物理的に通えない人は以下のオンラインスクールを選ぶことになります。

 

 

方法②:オンラインのプログラミングスクールに通う

もう一つの方法が、オンライン型のプログラミングスクールを使うことです。オンライン型とは、PCとネット環境さえあれば場所を選ばずどこでも勉強できるタイプのスクールです。オンラインカリキュラムを自主学習で勉強し、週数回のビデオチャットサポートや、毎日使えるテキストチャットを活用して疑問点を解消しながら学習していく形式です。

 

オンライン型スクールのメリット

場所に関係なく学習を進めることができる

仕事終わりの平日夜でも自宅で学習できる

地方在住者でも受講できる

 

オンライン型スクールのデメリット

講師と直接会って話ができない

仲間ができづらい

 

オンライン型スクールの場合、何と言っても場所関係なく学習を進められるのが最大のメリットですね。平日仕事が終わってから真っ直ぐ家に帰り、ご飯を食べて風呂に入り、少しゆっくりしてからレッスンを受けることも、オンライン型スクールならできます。休日だって、平日仕事で疲れていたら、家から一歩も外に出たくないこともありますよね。その点オンライン型のスクールであれば、自宅でプログラミング学習ができます。

 

僕はオフライン型スクール、オンライン型スクールの両方を使ってスキルを身につけましたが、オンラインは自由さがものすごく快適でしたよ。場所を選ばずに自分の好きなタイミングで受けることができたので、無理なく学習を続けることができました。

 

なお、オンラインだからといって質が下がることはないので安心してください。オンラインでも使う教材はしっかりしていますし、ビデオチャットやテキストチャットを通じて、わからないことはすぐに聞けるようなサポートが受けられます。僕もオンラインスクールを使っていたときは、テキストチャットを頻繁に活用して疑問解消をしていました。最初は「オンラインだと少し質が下がるかな?」と思っていましたが、結局杞憂に終わりました。

 

このように、両者ともメリット・デメリットがあります。大事なことは、自分は何を優先するかだと思いますので、利便性を重視するならオンライン型スクールを、講師や仲間と一緒の空間で勉強したいならオフライン型スクールを選ぶと良いですよ。

 

働きながら学べる、社会人向けのプログラミングスクール

働きながら学べる社会人向けプログラミングスクール

 

プログラミングスクールの中には、良いスクールもあれば良くないスクールもあります。その中でも、社会人向けのおすすめプログラミングスクールは以下です。

 

まずは学習だけしたい。就職支援なしのプログラミングスクール

  • TechAcademy:定番のオンライン型スクール。プログラミング初心者向け。有料コースは1ヶ月10万円台〜。7日間の無料体験あり
  • TECH::CAMP定番のオフライン型スクール。こちらもプログラミング初心者向け。有料コースは入会金+月額で10万円台〜。プログラミングやデザイン、Aiなどが定額で学び放題なので、まずは色々学んで見たい人向け。

 

エンジニア就職・転職も見据えて勉強したい。就職支援付きのプログラミングスクール

  • GEEK JOB(無料):オフライン型就職支援付きのスクールです。最短1ヶ月でエンジニア就職・転職可能。
  • TECH::EXPERTオフライン・オンライン両方対応型の就職支援つきスクールです
  • TechAcademyキャリア:上記TechAcademyの就職支援付きオンラインコースです

 

この5つでOKです。いずれも僕自身が実際に使ったスクールでして、全て自信を持っておすすめできます。学習のみのスクールと、就職支援付きのスクールの両方を挙げました。

 

記載通り、まずはプログラミングを学んでみたい人はTechAcademyTECH::CAMPを、就職・転職まで考えている人はTechAcademyキャリアGEEK JOB、あるいはTECH::EXPERTを使いましょう。

 

いずれのスクールも講師やカリキュラムが良く、就職支援も充実していますから、社会人がプログラミングを勉強するなら最適解かなと。無料 or 無料体験や説明会がありますから、まずは無料で試せる範囲内で使ってみると良いですよ。

 

プログラミングスクールは合う・合わないもあるので、自分の肌感覚で確かめてみてください。体験レビューも以下の記事でまとめていますので詳しくは以下をどうぞ。

 

 

まとめ

社会人向けプログラミングスクール

 

最後になりますが、今エンジニアは圧倒的な人手不足です。企業側は経験者エンジニアを採用したいにも関わらず、全く採用が追いついていない状況です。

 

そんな状態ですから、こういった未経験の人にも、エンジニアへの門扉が今なら開かれています。学歴や経歴関係なしに、今なら本当にどんな人でも、今回紹介したスクールを使えば、最短1ヶ月でもエンジニアになることができます。

 

プログラミングを学んでエンジニアになり、その後実務経験を2年ほど積めば、フリーランスとして独立することも現実的です。フリーランスになれば20代で年収1,000万円を稼ぐ人もザラにいますし、週3勤務や在宅勤務といった働き方も実現できます。プログラミングスキルは、そんな人生を実現できる最強のスキルです。

 

もし今の現状に不満があり、そしてそれを解消することにプログラミングが役に立つなら、今すぐにでも行動を起こしましょう。今はエンジニア不足が深刻化していますが、景気次第ではどうなるかわかりません。

 

行動を起こさない人は、残念ながら現状なんて一向に変わらないんです。結局いつの時代も、理想の未来を手に入れられるのは「行動を起こした人間だけ」ですから。

 

まずは学習だけしたい。就職支援なしのプログラミングスクール

  • TechAcademy:定番のオンライン型スクール。プログラミング初心者向け。有料コースは1ヶ月10万円台〜。7日間の無料体験あり
  • TECH::CAMP:定番のオフライン型スクール。こちらもプログラミング初心者向け。有料コースは入会金+月額で10万円台〜。プログラミングやデザイン、Aiなどが定額で学び放題なので、まずは色々学んで見たい人向け。

 

エンジニア就職・転職も見据えて勉強したい。就職支援付きのプログラミングスクール

  • GEEK JOB(無料):オフライン型就職支援付きのスクールです。最短1ヶ月でエンジニア就職・転職可能。
  • TECH::EXPERT:オフライン・オンライン両方対応型の就職支援つきスクールです
  • TechAcademyキャリア:上記TechAcademyの就職支援付きオンラインコースです

 

人気記事TechAcademyキャリアで本当に就職できるのか?【効果や評判を受講生が解説】:TechAcademyキャリアで本当に未経験から就職・転職できるか解説しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です