【これで決定です】おすすめのプログラミング言語を、IT就職のプロが語る

おすすめ プログラミング 言語

プログラミングを勉強しようと思っているんだけど、初心者にもおすすめの言語はなんだろう?将来性も含めて、おすすめのプログラミング言語や勉強法を知りたい

 

今回は初心者が抱えがちな、こんな疑問に答えていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、もともとプログラミング未経験でしたが、スクールを使ってプログラミングを習得。学習を通じて培ったスキルを活かしながら、現在は主にWebサイト運営で収入を得ています。

 

と、実はこれは僕の副業でして、本業では採用支援に携わっています。IT企業のエンジニア採用もメインで手伝っておりますので、プログラミング言語の需要については普通のエンジニアさんよりも実態について詳しいです。普通のエンジニアさんでもあまり話せない、IT企業の社長やお偉いさんからも生の情報や要望を聞いていますからね。

 

さて、そんな経歴のある僕が今回は、おすすめのプログラミング言語について、実際の現場の需要や将来性も含めて解説していきます。

 

今回の記事を通じてあなたがわかる3つのこと

  1. おすすめのプログラミング言語
  2. その言語を通じて実現できること
  3. それぞれの言語を身につけるための最適な方法

 

この3つが本記事を通じてわかりますよ。それでは早速進んでいきましょう!

 

おすすめのプログラミング言語は人によって変わります

おすすめ プログラミング 言語

 

結論ですが、おすすめのプログラミング言語は人によって変わります。

 

プログラミング言語は何を実現したいかで決める

もう少し細く言うと、プログラミング言語はあなたが何を実現したいかで決めると良いです

 

ここでいう実現したいことというのは、次のようなものです。

 

実現したいことの例

  • Web系のサービスを作りたい
  • 高収入を実現したい
  • リモートワークなどフレキシブルな働き方がしたい
  • 案件が豊富で仕事に困らないスキルを身につけたい

 

なぜかというと、プログラミング言語はその言語によって、できることが変わってくるからです。本来は◯◯を実現したかったのに、実はその言語だとできなかったなんてことが稀にですが起こり得ます。それを避けるためにも、自分がプログラミングを習得した先に実現したいことを、まずは考えましょう。そしてその内容に沿って、おすすめのプログラミング言語を選んでいきます。

 

《用途別》おすすめのプログラミング言語

おすすめ プログラミング 言語

 

  1. Web系のサービスを作りたい
  2. 高収入を実現したい
  3. リモートワークなどフレキシブルな働き方がしたい
  4. 案件が豊富で仕事に困らないスキルを身につけたい

 

今回はこの4つで、それぞれおすすめのプログラミング言語をご紹介しますね。

 

Web系のサービスを作りたいなら

  • 「PHP」と「Ruby」の2つです。

 

PHPとRubyはどちらもWeb系サービスを作るための言語です。PHPはWebサイトやWebサービスを作る際によく使われている言語でして、RubyはITベンチャーなどWebサービスを展開している企業が多く使っています。Web系の仕事をしたいなら、プログラミング学習の入口としては、基本的にこの2つの中から選べばOKですよ。

 

ちなみに僕はRubyを勉強しました。理由としては、Rubyはサービス開発のスピード感が売りでして、スピードを重視するWeb系のスタートアップやベンチャーで多く使われていること、そして初心者が勉強するのに易しくてぴったりの言語だからです。

 

RubyはクックパッドやTwitterなどの大手でも使われているのでおすすめですよ。詳しくは【Ruby】プログラミング初心者が学ぶならおすすめの言語?【解説します】でも解説してますので合わせてどうぞ。

 

高収入を実現したいなら

  • 「Python」です。

 

Pythonは機械学習やデータ解析の分野で使われている言語です。機械学習は今もすでにそうなんですが、これからもっと市場が伸びていく分野でして、需要はこれからさらに大きくなります。

 

そして重要なことは、現時点でPythonのエンジニアの数が不足しているということです。Pythonエンジニアの需要はあるのに実際に数が少ないので、収入も高くなっています。機械学習を使った人工知能案件などであれば、月100万円近い案件もありますよ。

 

これから機械学習や人工知能は確実に伸びていきますので、Pythonは将来性◎、収入◎になっていくであろう言語です。Pythonエンジニアの数が少ない今のうちに身につけておくと良いですね。

 

リモートワークなどフレキシブルな働き方がしたいなら

  • 「 PHP」「Ruby」ならOKです。

 

これは百聞は一見にしかずですね。リモートワーク案件が多いCODEALというサービスがあります。これは本業を続けながら副業として参画できる求人のみを扱っているエージェントサービスです。以下の図のように、プログラミング言語ごとに案件を検索することができます。

 

おすすめ プログラミング 言語

 

完全リモート(週0日出勤)の案件を見ると、PHPとRubyが案件として多いですね。Rubyは以下のように5ページ分の求人数があります。

 

おすすめ プログラミング 言語

 

一方、Javaは少ないです。Rubyの半分以下ですね。

 

おすすめ プログラミング 言語

 

このように、実際にCODEAL などでリモートワーク案件を自分で見てみると、よりイメージがつくと思います。リモートワーク案件がたくさんあるので、そういった働き方に興味がある人はCODEAL に登録だけは済ませておくと良いですよ。

 

案件が豊富で仕事に困らないスキルを身につけたい

  • 「Java」と「PHP」です。

 

これも百聞は一見にしかず、実際にどの言語が案件が多いか見てましょう。以下の図はプログラミング言語・スキル別のフリーランスエンジニア向け業務委託案件の調査データです。

 

おすすめ プログラミング 言語引用:レバテックフリーランス

 

これを見ると、Javaが全体の29%、PHPが全体の19.3%を占めています。この2つだけで48.3%ですので、ほぼ2つで全体の半分の件数を占めている状況です。

 

案件が豊富ということは、それだけ仕事には困らないということです。この2つの言語ができるエンジニアは、依然として多くの企業が必要としています。食い扶持に困らない手に職を身につけるなら、JavaやPHPのような案件が豊富な言語を選んでおくと良いですよ。

 

プログラミング言語は2つ目以降は習得難易度が下がる

おすすめ プログラミング 言語

 

おすすめのプログラミング言語を解説してきましたが、もう一つお伝えしたいことがあります。それは、

 

プログラミング言語の習得は、2つ目以降は難易度が下がる

 

この事実です。つまり、「プログラミングで最初に学ぶ言語は重要ではあるけれど、方向転換はいつでもできるよ」ということです。

 

ですので、まずは勉強を始めること。これが何より大切じゃないかなと思います。

 

まとめ


おすすめ プログラミング 言語

 

初心者にとって、プログラミング言語選びは悩むところだと思います。でも、悩んでいても結局わからないと思うので、まずは今日ご紹介した判断基準で行動してみると良いと思います。

 

その際、プログラミングスクールを使えばプロの意見も聞きながら進めていけるので、独学で一人で悩むのではなく、プログラミングスクールを使って勉強すると良いですよ。

 

関連記事プログラミングスクールと独学、どっちがおすすめか最終回答【断言します】

 

ちなみに今回ご紹介した「Ruby」「PHP」「Java」「Python」は全て、TechAcademyというプログラミングスクールで受けることができます。それぞれの言語に特化したコースを4週間から受けられるので、公式サイトから見てみると良いですよ。

 

僕も実際に受講しましたが、初心者向けで良いスクールでしたよ。世の中には良いプログラミングスクールがあれば良くないスクールもありますが、TechAcademyは質を保証できます。

 

また、本当におすすめのプログラミングスクールを5つ厳選して紹介【徹底比較】の記事ではTechAcademy以外のおすすめプログラミングスクールを厳選しています。こちらも参考にどうぞ。

 

人気記事本当におすすめのプログラミングスクールを5つ厳選して紹介する【徹底比較】

 

本当におすすめのプログラミングスクールを5つ厳選して紹介【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です