【英語】ディクテーションの効果をどこよりも丁寧に解説【おすすめ教材付き】

リスニング力向上にディクテーションが効果があるみたいなんだけど、実際どうなんだろう?ディクテーションで英語が聞き取れるようになった人の意見を聞いてみたい。効果のある方法やおすすめ教材も知りたいなぁ。

 

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、TOEIC400点台、外国人を前にすると全く言葉が出ないほど英語ができない人でした。そこから独学で英語を勉強したことで、半年でTOEICは700点を突破し、仕事で英語を使ってプレゼンをしたり、外国人と一緒に仕事をすることができるようになりました。実際に独学で英語を勉強し、仕事や日常レベルで使えるようになっているので、本記事の信頼性は高いと思います。

 

さて、そんな僕が注力した方法の一つが、今回ご紹介するディクテーションでした。ディクテーションは実際効果は高いのか?どんな勉強方法を使えば学習効果が高くなるのか?これらをおすすめ教材と合わせてご紹介します。

 

英語のディクテーションは学習効果が高い

「ディクテーションって効果あるの?」に対する結論としては、ディクテーションの学習効果は高いです。

 

英語が聞き取れない原因はいくつもありますが、

 

・英語の発音を知らない

・音のつながりが理解できない

・英語の息継ぎを知らない

・英語のリズムがわからない

・英語の文法や構造がわからない

・単語がわからない

 

このようなものが、英語が聞き取れない主な原因です。

 

こういった原因を取り除くことができるのが、ディクテーションという勉強法です。ディクテーションは、聴いた英文を一言一句書き取っていく勉強法ですが、この勉強の過程で、英語の発音やつながり、リズムなどを理解することができます。また、英語の文法や単語を理解することも一緒にできるので、非常に役立つ勉強法なんですね。

 

冒頭で少し書きましたが、僕もこのディクテーションを相当力を入れてやってきました。よく話題にも上がっていた英語の聞き流しなどにも挑戦したのですがうまくいかず、良い勉強法を模索していた時に出会ったのがディクテーションでした。

 

ディクテーションを始めてから、聞き取れる音の数が格段に上がりましたし、英語特有のリズムは音のつながりを理解することで、だんだん英文のスピードが遅く感じるようになってきました

 

僕だけに限らず、英語を独学でやっている人の多くがディクテーションを通じてリスニング力を高めています。それは上記のように、ディクテーションという勉強法自体が、英語を聞き取れない原因を一つずつ解消していける勉強法だからです。僕自身の実体験からも、ディクテーションは効果があると断言できます。

 

リスニング力を高める、効果的なディクテーション方法

僕自身もやってきた、効果的な英語のディクテーション方法も解説します。効果的なディクテーションのステップは、次の4つです。

 

1. 英文を聞く

2. 英文を書き取る

3. 答えをチェックする

4. 復習する

 

それぞれのステップで意識しておくべきことを順番に解説していきます。

 

1. 英文を聞く

まずは英文を聞きましょう。最初は書き取りはせず、1回全ての音声を流して聞きます。そもそもこの段階で内容をほとんど理解できてしまったらあまり教材として意味ないので、別の音声に切り替えます。ざっと聞いてわからないところが多ければ、ディクテーション教材としてこの先のステップを取り組んでみましょう。

 

1回流して聴いたら、次は短めのセンテンスごとに区切って聴いていきます。目安は一つの英文で止めるイメージです。ここで次のステップに移ります。

 

2. 英文を書き取る

ステップ2は、上記で聴いた英文を書き取っていきます。短めのセンテンスで区切っていくので、そこで話されている英語をそのまま紙に書き取っていきましょう。

 

最初は全く聞き取れないと思いますが、ここのステップにどれだけ集中して時間をかけられるかが、ディクテーションの効果を大きく分けます。

 

例えばこのステップを1回聴いて「もうわからないからいいや」と次のステップに移ってしまうと、ディクテーションは全く意味がありません。このステップで、「もう本当に聞き取れない・・」というまで何度も繰り返し聴いて、書き取ることでディクテーションの学習効果は高まります。

 

ですからこのステップは一番時間をかけるべき箇所です。何度も何度も繰り返し聴いて、書き取っていきましょう。間違ってもOKですが数を重ねることが大事です。

 

3. 答えをチェックする

ステップ2の書き取りを限界まで行ったら、次は答えをチェックしていきます。まずは英文からチェックしていきましょう。自分が聞き取れた音、聞き取れなかった音をわかるように書いていきます。

 

特に、聞き取れなかった音は、答えを見たあとに音声を聴いてみましょう。すると、「この単語やフレーズはこういう発音をするんだ」というふうに深いレベルで理解することができます。

 

同時に、日本語の意味も英文と対比しながら理解しておきましょう。そうすることで、英単語やフレーズの勉強も同時に覚えることができます。

 

4. 復習する

最後に復習です。ステップ3の答えをチェックした後で、もう一度音声を聴いてみましょう。すると、最初は聞き取れなかった音が、自然と聞き取れるようになっていると思います。この「聞き取れる」という感覚を繰り返していくことで、聞き取れる英語の音の数自体があなたに蓄積されていきます。

 

この4ステップが、英語のディクテーション効果を最大化する方法です。コツはステップ2の書き取りを徹底的にやりこむことです。同時に、ステップ3の答えチェックも丁寧にやることがポイントです。

 

英語ディクテーションのおすすめ教材

ここまで英語のディクテーションの学習効果と、効果を最大化させる学習方法について書いてきました。次はディクテーションをするのにおすすめの教材をご紹介します。

 

ゼロからスタートディクテーション

 

ゼロからスタートディクテーションは10分のディクテーションを11回分行うディクテーションプログラムです。内容は初心者〜中級者向けです。ディクテーションというものに慣れる意味でも、入門編としておすすめです。

 

英語の壁はディクテーションで超える

 

「英語の壁」はディクテーションで乗り越える!もディクテーション入門編として使えます。内容はこちらも初心者〜中級者向きです。

 

CD付 究極の英語ディクテーション Vol.1 & Vol.2

 

CD付 究極の英語ディクテーション Vol. 1は30日間みっちりディクテーションをやるプログラムです。基本中の基本である1,000語の英語が学べるようになっています。内容は初心者向けです。これの発展版として、CD付 究極の英語ディクテーション Vol. 2もあります。こちらは2,000語となっていて、Vol.1より少し範囲が広くなりますので、完全初心者でなければVol.2から始めても良いと思います。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは個人的に重宝している本です。本書で書かれている瞬間英作文という手法は、英語学習でかなり使える勉強法ですので、本書は必読です。本書に書かれている英文のセンテンスは短めのため、ディクテーションにもぴったりです。

 

英語ディクテーションのおすすめツール

続けて、僕自身が使ってよかった、英語ディクテーション用のおすすめツールもいくつかご紹介しておきます。

 

TED

英語 ディクテーション 教材

 

一つ目はTEDはです。非常に有名ですが、各界の著名人のプレゼン動画を視聴できるサイトです。初心者〜上級者向けまで、幅広いコンテンツがあります。英語学習を抜きにしても勉強になる内容ですので、個人的にはディクテーション+情報収集という形で、いまも重宝して使っています。なおこのTEDは、English AudioBooksというアプリでも使うことができます。日本語と英文のスクリプトをワンクリックで切り替えられるので、使い勝手◎です。

 

English AudioBooks - TEDで英語を学ぶ

English AudioBooks – TEDで英語を学ぶ
開発元:Koujirou Inoue
無料
posted with アプリーチ

 

VOA Learning English

英語 ディクテーション 教材

 

VOA Learning Englishもおすすめです。VOAはニュースのWebサイトですが、スクリプトがあるのでディクテーションをすることができます。ディクテーション専用ではありませんが、話されている英文が比較的ゆっくりですので、ディクテーションに慣れていない人でも取り組みやすいです。

 

ディクテーションは習慣化が難しい【工夫が必要です】

ここまで教材やツールをご紹介してきましたが、唯一の難点は、どの教材も紙とペンが必要であることです。

 

英語学習は継続が一番大切です。でも、もしあなたが仕事で毎日忙しく、なかなか机に向かって勉強する時間が取れない場合、せっかく英語を学習しても時間を無駄にしてしまう可能性があります。ディクテーションは習慣化が難しいんです。ですから、ディクテーションを続けるためには工夫も必要です。どうやったら続けられるか、それを考えて実行することが大事ですね。

 

そして、忙しい社会人の方でも、ディクテーションを無理なく続けるための方法が実は一つあります。それこそが、スマホでディクテーション学習が完結するものを選ぶことです。

 

実はそんなスマホアプリが一つあるので、それを最後にご紹介したいと思います。

 

「スタディサプリEnglish」は場所を選ばずディクテーションができておすすめ

英語 ディクテーション 教材

 

それこそが、スタディサプリEnglishです。

 

スタディサプリEnglishは、英語を話す・聞く力を身につけられるアプリです。APPストア教育カテゴリーでもNo.1になった大人気アプリです。

 

特筆点は、スタディサプリEnglishの利用者の効果実感までの平均月数が2.8ヶ月であること。学習を始めてから3ヶ月経たないうちに、学習効果を感じられる教材はなかなかありません。スタディサプリEnglishは僕も長く愛用しているんですが、僕も使い始めてから聞き取れる音の範囲が広くなったことを実感しています。

 

そしてこのスタディサプリEnglishを使えば、スマホ完結でディクテーションをすることができます。紙とペンも不要なので、場所を選ばずディクテーションをしてリスニング力を日々高めることができます。

 

以下の図はスタディサプリEnglishのディクテーションのレッスン画面です。

 

 

このように、空白付きの英文が表示されているので、音声を聞きながらその英文を埋めていきます。スタディサプリEnglishなら、ディクテーションのセンテンスも短めで、かつイヤホンとスマホさえあれば場所を選ばずディクテーションができます。すごく習慣化しやすいんですよね。さらにはコンテンツの内容も厳選されているので、教材自体としても優れています。

 

忙しい社会人が英語を勉強するなら、通勤時間などの隙間時間を活用すると良いですよ。その点アプリで話す・聞く英語力を養うことができるスタディサプリEnglishはベストな選択だと思います。

 

ディクテーションのあるスタディサプリEnglish日常英会話コースは月額980円(税抜)です。無駄な会社の飲み会を1回休めば、3ヶ月分受講できます。3ヶ月あれば効果実感できるので、まずは3ヶ月間やってみると良いと思います。

 

英語が話せるようになれば就職や転職、昇進にも活きますし、かけた費用の元は一瞬で取れるので安心して下さい。僕も英語ができるようになって年収が100万円単位でアップしましたし、グローバル人材は年収が上がりやすいです。

 

なお、このスタディサプリEnglishですが、今なら7日間の無料体験があります。一度登録をする必要がありますが、7日以内であれば無料解約できる仕組みです。使ってみて気に入らなければWeb上で簡単に解約できるので、一度試してみると良いですよ。

 

スタディサプリEnglishを無料で試してみる

 

まとめ

英語 ディクテーション 教材

 

今回は英語学習におすすめのディクテーション教材や勉強法をご紹介しました。

 

英語が話せるようになると、人生は大きく変わります。世界中の人とコミュニケーションが取れるようになるので、世界中に友達を作ることもできます。旅も何倍も楽しくなりますし、海外に暮らすことだってできます。英語ができれば就職や転職、昇進にも活きますし、単純に英語が話せるとかっこいいですよ。

 

英語が話せるようになれば、可能性は無限大です。その第一歩はディクテーションから。ディクテーションは地味な作業に感じるかもしれませんが、それでも効果は絶大なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

スタディサプリEnglishの効果や評判を、英語教材を100以上使ってきた僕がまとめたディクテーションにもおすすめのスタディサプリEnglishの学習効果やレビューです

通勤時間で「使える英語」を身につけるおすすめアプリと教材を5つ紹介 通勤時間にできるおすすめアプリと教材です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です