ベンチャーに新卒で入ると後悔する?失敗しないために入社前に知っておくべきこと

ベンチャー 新卒 後悔

ベンチャー企業に憧れる学生は多いです。革新的なことに取り組み、新しい何かを生み出す。そんなベンチャー企業で楽しくイキイキと働きたい。そうやってベンチャー企業を選び、入社していった学生は今年も多くいました。

 

でも、一歩引いて見たとき、ベンチャー就職というのは実際どうなんでしょうか?新卒でベンチャー企業に入社することは良い選択なんでしょうか?実際、「ベンチャーに入社したけど後悔している」という声も聞きます。

 

そこで今回は、後になって後悔しないために、ベンチャーに新卒で入社する前に知っておくべきことをまとめました。

 

以下の記事の通り、僕は大企業に入社、その後また大企業へ転職をしました。

 

 

ですので、正真正銘のベンチャー企業は経験したことはありませんが、日々求職者のキャリア支援をしていく中で多くのベンチャー企業の社員に会ってきました。そこから拾った生の声、実態などを書いていきます。

 

ベンチャー企業の定義

そもそもベンチャー企業の定義は具体的に何なのでしょうか?

 

一般的な定義によると、ベンチャー企業は「新技術や高度な知見をもとに、大企業では実施しにくい創造的、革新的な経営をする中小企業」となっています。

 

ただ、このベンチャー企業の線引きは実際のところ難しいです。

 

新技術や高度な知見をもとに、革新的な経営をする大企業をベンチャーと呼ぶ人もいれば、大して創造的でない事業(失礼かもしれないですが)をしている中小企業をその企業規模からベンチャーと呼ぶ人もいるからです。

 

ただ共通していることは、ベンチャー企業という言葉は、魅力的な人材を集めるためのキーワードとして使われている点です。

 

  • ベンチャー企業=革新的なことをやってる
  • ベンチャー企業=面白い仕事ができる
  • ベンチャー企業=成長できる
  • ベンチャー企業=裁量権がある

 

革新的なことをやりたい。面白い仕事がしたい、成長したい、裁量権を持って仕事がしたい、こういう想いを持っている求職者にとって、ベンチャー企業というキーワードは悪魔的な魅力を持った言葉です。そして実際に多くの夢見る学生たちが、希望を胸にベンチャー企業の門扉をくぐって毎年入社していきます。

 

ベンチャー企業に新卒で入って後悔する人は多い

とはいえ、実態はこれとは別です。実際のところ、ベンチャー企業に入って後悔している人は多いです。

 

新卒でベンチャーにいくような人は意識が高いケースが多いです。「起業するためにベンチャーで修行したい」そう言って大手の内定をあっさり蹴りベンチャー企業に入ったけれど、イメージと現実のギャップに苦しみ、ベンチャーに入ったことを後悔する人を毎年一定数見ています。就職前は輝いていたのに、目の前にある現実にやられ、いつしか夢も希望もなくしたように毎日を過ごす。これが新卒でベンチャーに入った人の失敗事例です。

 

 

失敗しないために事前に知っておくべきベンチャーの実態

ベンチャーに新卒入社して失敗したと思っている人は多いですが、じゃあ新卒の就職で失敗しないためにはどうすればいいでしょうか?

 

それは、ベンチャーの実態について把握しておくことです。イメージと実態のギャップが大きすぎるからこそ、失敗した、後悔したと思う人が後を絶ちません。ですので、あらかじめ実態を知って期待値を調整しておくことで、そのギャップは防ぐことができるし、そもそもベンチャーを選ばない選択もできます。

 

ベンチャーの実態は次の通りです。

 

ベンチャーは実態より輝いて見える

まず、ベンチャー企業は実態より輝いて見えます。

 

  • ベンチャー企業=革新的なことをやってる
  • ベンチャー企業=面白い仕事ができる
  • ベンチャー企業=成長できる
  • ベンチャー企業=裁量権がある

 

こういうイメージを持って、希望を大きく入社していくと、そのギャップに苦しむケースが多いです。

 

実際、ベンチャー企業の仕事は地味なことも多いです。人が少ない分、面白い仕事だけでなく、雑務、事務的な仕事も全部自分でやる必要があります。やることが多すぎて、でも単純な仕事も多くて全然成長できている実感がない。裁量権があるとはいうけど、それも一部の経営陣だけ。。。そういう企業の方が個人的な所感では圧倒的に多いです。

 

このように、ベンチャー企業に対して良いイメージを持ちすぎていたがために、実態とのギャップでやられていった新入社員を僕も多くみてきました。

 

若い人が多いからチャンスが多いわけではない

「ベンチャーは若いうちから責任ある仕事を任せてもらえる。ベンチャーだからできるんだ!」というのは、解釈を間違えています。

 

ベンチャー企業の中には若いうちからチャンスある仕事を任せてもらえる会社もあります。ですが、もちろん全部の会社がそうではないです。

 

チャンスの多い仕事は若手の中でも優秀な人、あるいは転職で幹部に入ってきた人のみで、末端の新卒は事務的なことばかりを任せられるということもあります。逆にベンチャーではない大企業でも若いうちからチャンスが多い会社もあります。

 

ベンチャーは若い人が多いからチャンスが多いと短絡的に考えるのではなく、ちゃんと個々の企業カラーを見て判断することが必要です。

 

ベンチャーはキャリア形成にプラスには働きにくい

ベンチャー企業に新卒で入ることは、正直、その後のキャリア形成にとってプラスには働きにくいです。ここでいうキャリアとは、年収や役職のことです。

 

まず一般的なベンチャー企業の年収は低いです。当然新卒ベンチャーは低年収からスタートになります。そうすると、年収を上げるには昇級や昇進が必要です。でも、ベンチャー企業で昇級、昇進をしていくためには、圧倒的な成果を残す必要があります。というのも、ベンチャー企業で役職のついたマネジャー職以上は、外部からの転職組が占める割合が一般的に高いからです。

 

あなたがどれだけ新卒の状態から頑張ってても、マッキンゼーなどのコンサル出身やリクルートなどの大手事業会社出の出身者がポンっとマネジャーの座に転職してきます。この現実に耐えられるでしょうか?

 

「自社でダメなら他社だ」という風に転職をする道もあります。ですがもちろん、新卒ベンチャーで役職も実績もないまま転職をすると、次の会社では平社員です。しかも遅れて入社なので、既に新卒入社の人よりスタートが遅れています。ですので、当然新卒で入っていた人よりも、圧倒的に頑張り、圧倒的に成果を残す必要があります。

 

つまり、社内でキャリアを積むのも大変、転職でキャリアを積むのも大変なんです。

 

一方、日本は大手の方が自社で一定クラスまで出世がしやすい傾向があるため、大手でキャリアを積んでから、ベンチャーの役職付きで転職。ベンチャーに一度は入る前提なら、こっちの道の方が楽です。万が一大手で出世できなかったとしても、それでもベンチャーの役職者以上の待遇がもらえてしまうのが日系大手です。年収面での安定感は、やはり大手の方が断然強いです。

 

ベンチャーから大手は行きづらい

「大手からベンチャー」に転職してくる事例は今も多いですが、逆の「ベンチャーから大手」というのはまだまだ数が少ないのが実情です。巷では「ベンチャーから大手は全然いける」という情報もネットにはありますが、実際そんな簡単な話ではありません。

 

新卒でしか入れない会社が日本には多く存在します。例えば総合商社の三菱商事や伊藤忠商事などです。総合商社は中途採用の枠が少なく、かつ非常に限られた優秀層しか取りません。大手メーカーなども中途採用は新卒メインですし、まだまだ日本の大企業は新卒メインの会社が多いです。

 

「ベンチャーに入って、後から大手に入ればいいや」こんな感じで軽く考えてると、あまりに門扉が狭くて後悔するかもしれません。

 

ベンチャーを渡り歩くことになる

話は重なりますが、一度ベンチャーに入ると、ベンチャー→大手ではなく、ベンチャー→ベンチャー→ベンチャー・・・という流れになる人が多いです。ベンチャーを渡り歩く形です。

 

もちろんベンチャーの気質が合う人もたくさんいるため、ベンチャーを渡り歩くキャリアは、成功・失敗という括りはできません。ですが、もしベンチャーの気質や風土にあなたが合わないタイプの場合、新卒でベンチャーに行くことはよく検討してから入るべきだと僕は思います。ベンチャーの矢印の先には、やはりベンチャーが続くことが多いからです。

 

新卒でベンチャーにいくべきではない人

以上がベンチャーの実態ですが、それらを踏まえて新卒でベンチャーに行くべきではない人を挙げるとすると、年収にこだわる人です。

 

ベンチャーの年収は高くないです。大半が200〜500万円未満の枠で収まり、そこから昇給するのは大変です。ベンチャーの場合、基本的に企業は成長フェーズにあります。会社が順調に利益を残して成長していけば、そこで頑張って結果を残していれば昇給のチャンスもあります。でも、どれだけあなたが会社に忠誠を誓って頑張っても、会社の業績が右肩下がりなら無理な話です。

 

ベンチャーの場合、たとえ10年間、その会社のために毎日毎日一生懸命働いても、会社自体が縮小していくことは往々にしてあります。そうすると、あなたの頑張りは報酬に現れません。

 

だからこそ、もし年収にこだわりたいなら、新卒ベンチャーは良い選択ではありません。

 

新卒でベンチャーに行っても良い人

逆に、新卒でベンチャーに行っても良い人は、「年収にこだわりがない+仕事を自分で作れる人」です。

 

前者の年収にこだわりがないというのは説明した通りで、後者の仕事を自分で作れる人は、ベンチャーでやっていくにあたっては必須能力です。

 

ベンチャー企業は基本的に人が足りていません。少ない人数で多くの仕事をこなし、会社を、事業を成長させていく必要があります。「誰かから指示されて仕事をする」という受け身の姿勢ではベンチャーではやっていけません。ベンチャーで上に上がっていく人は共通して、自分で仕事を作り出せる人が多いです。

 

ですので、自分は年収にはこだわらないし事業を作っていく自信もある。そんな人なら新卒ベンチャーでも良いでしょう。ただ僕の実感値だと、そういう人はそもそも母体数が少ないですし、そんな人は大手でも高待遇のバリバリ活躍できます。面白い仕事も大手で任せてもらえるでしょう。

 

あるいは、起業前提で、会社員としてのキャリア形成に関心がない人もベンチャーはおすすめです。裁量権は企業ごとに異なるとはいえ、経営陣と距離の近いベンチャーの方が、手をあげればチャンスの数は多くなります。

 

「盗めるものを盗んで、自分で事業を興すんだ」という強い想いがあり、道を変えるつもりがないなら、新卒ベンチャーも一つの選択肢です。ですが、道を変える可能性が少しでもあるなら、個人的にはファーストキャリアは大手を勧めたいです。

 

ファーストキャリアは大事

述べてきたように、ファーストキャリアは大事です。

 

ファーストキャリアで決まるのは「選択肢の数」です。どこに新卒で入るかで、その後にあなたが選べる選択肢の数は変わります。

 

そして無論、新卒ベンチャーよりも、新卒大手の方が、選べる選択肢の数は増えます。だから僕は、新卒でベンチャーより大手をおすすめします。

 

既にベンチャーに入って後悔したと感じている人はどうすべきか?

もう既にベンチャー企業に入社していて後悔した、失敗したと思っている人はどうすればいいでしょうか?その場合は、一度大手を経験してみることをおすすめします。

 

でも前述通り、ベンチャーから大手に入るのは難しいです。一度ベンチャーに入ってしまった以上、そこで得た経験で語れるもの、大手で生かせるものがどれだけあるかが重要です。その棚卸しを、一度転職エージェントを使ってしてみましょう。

 

狙い目はメガベンチャーと呼ばれる大手企業です。アクセンチュア、リクルート、楽天、サイバーエージェント、DeNAなどは第二新卒の中途をたくさん採用しています。もちろんベンチャー出身の人も多数入社しています。

 

これらの企業であれば、一度ベンチャーに入ってしまっても大手ルートへ戻ることができます。ただもちろん、簡単に入れるわけではないため、選考で内定をもらうための戦略が必要です。これも転職エージェントを使って戦略を立てましょう。

 

僕は転職支援をしている立場ですが、冒頭で述べた通り自身も転職経験があります。「どこの転職エージェントを使えばいいの?」という質問をよくいただきますが、20代のおすすめの転職エージェントをまとめましたので、続けて以下の記事を読んでみてください。僕は転職市場の表も裏も知り尽くしている立場なので、そこらへんのネットの情報よりも信頼性は高いと自負しています。

 

あなたはまだ若い。キャリアはまだまだこれからです。一度失敗して後悔していても大丈夫。大変な面ももちろんありますが、しっかり行動すれば良い未来が掴めますよ。影ながら応援しています。

 

▼若いうちのキャリアはやり直せます。続けて以下の記事をどうぞ▼

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です