アフィリエイトは怪しい?アフィリエイト歴2年超の僕がそのイメージを解いてみせます

アフィリエイトを始めてみたいけど、ネットで調べるとアフィリエイトは怪しいという意見がたくさん出てくる。アフィリエイトってやっぱ怪しいのかな?

 

アフィリエイトが気になってるけど、「アフィリエイト=怪しい」という意見が引っかかってなかなか一歩を踏み出せない。そんなあなたの疑問に今回は答えていきます。

 

結論からいうと、アフィリエイトは怪しくないです。この記事ではそのことが理解できるよう、客観的にアフィリエイトについて述べていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、アフィリエイトをスタートしてから2年越え。会社員をやりながらアフィリエイトをする副業としてこれまで取り組んできました。アフィリエイト歴2年超えの僕が、アフィリエイト=怪しいというイメージをこの記事で解いてみせます。

 

アフィリエイトのビジネスモデルとは?

まずはアフィリエイトのビジネスモデルをわかりやすくご紹介します。

 

アフィリエイトは一言でいうと、自分のサイトで、企業の商品を宣伝・販売する仕事です。

 

アフィリエイト 怪しい

引用:afb公式サイト

 

上記の図のように、アフィリエイトは、商品を売りたい企業の商品を、自分のブログやサイト上で宣伝して販売する仕事です。紹介して実際に商品が売れれば、売れた分から一定の報酬をもらえます。つまり、商品の宣伝・販売を、WEB上でするのがアフィリエイトのビジネスモデルです。

 

企業にとってはマーケティング手法の一つ

僕たちブロガーやアフィリエイターにとって、アフィリエイトは商品の宣伝・販売代行のようなものですが、商品を販売したい企業にとってはマーケティング手法の一つとなっています。

 

良い商品を持った企業は、それを多く売りたいと考えます。そのためにテレビCMを流したり、電車の中吊り広告でPRしたり、ネットのリスティング広告を出したりするのですが、その中の一つがアフィリエイトです。

 

アフィリエイトを活用すると、自社の商品を進んで紹介してくれる人が増えます。ですからその分露出が多くなり、結果として売れ行きが伸びていきます。

 

マーケティング手法の中でも、アフィリエイトはWebマーケティングに分類されます。Webマーケティングの場合、CMなどのマスマーケティングと異なり、興味のある層に精度高く広告を表示できるので、成約角度も高くなるんですね。

 

実際、アフィリエイト含むネット広告市場は成長していますので、今後もアフィリエイトを利用する企業は増えてくると思います。アフィリエイトの市場や成長性についてはアフィリエイトは儲かる。その理由を稼いでいる根拠とともに解説【おすすめジャンル付き】の記事で詳しくまとめているのでこちらもどうぞ。

 

信頼できる大手企業もアフィリエイトを利用している

アフィリエイトは多くの企業が利用していますが、信頼できる大手企業も数多く利用しています。

 

アフィリエイト 怪しい

引用:PLAYLIST 資生堂

 

たとえば上記は資生堂のPLAYLISTというコスメ商品です。女性なら知っている商品じゃないでしょうか?資生堂はテレビのCMでもいろんな商品の宣伝をしていますが、アフィリエイトを利用し、一般人のブログなどで紹介もしてもらって販路を広げています。

 

このように、資生堂という超大手の企業もアフィリエイトを活用しています。化粧品の資生堂だけでなく、食品やサプリメント、ダイエット器具やWebサービス、グルメ、スポーツ、結婚など、いろんな業界の信頼出来る大手企業が、アフィリエイトを利用しています。

 

アフィリエイトで紹介できる商品は、数千にも上る数がASPのサイト上で登録されています。具体的な案件はASPのページから見ることができます。代表的なASPはA8.net ですので登録して覗いてみてください。その他のASPはアフィリエイト歴2年半の僕がおすすめASPを比較して紹介【売上UPのコツ付き】の記事でも挙げています。

 

アフィリエイトが怪しいと思われている理由

ではなぜ、資生堂などの信頼できる大手企業もアフィリエイトを使っているのに、アフィリエイト=怪しいというイメージがついてしまっているんでしょうか?

 

それこそ、アフィリエイトを使った情報商材の詐欺商品が出ていた時期があったからです。

 

こんなビジネスがあります。そしてこの通りにやればあなたも一ヶ月で月100万円儲かるようになります。

 

こういう謳い文句を使い、ネット上で中身のない情報商材を売りまくった人たちがいたんですね。で、そういう商品を買ってしまった情弱の人たちが、

 

何も効果がなかったじゃないか!アフィリエイトは詐欺だ!

 

というふうに、「アフィリエイト=詐欺」という評判が加速して流れていったんですね。

 

でもこれって本質を捉えると、アフィリエイトが悪かったわけではなく、商品が悪かっただけなんですね。その商品を使ってたとえば実際に1ヶ月で月100万円稼げるなれば、アフィリエイト=詐欺とはならなかったんじゃないでしょうか?(1ヶ月で100万円稼げるようにはまずならないですが)

 

本質を見ることができる人なら、この説明だけでもわかると思います。自分が使って本当に良いと思った商品を他の人にも勧め、それを使った他の人も幸せになる。これがアフィリエイトの本質であり、あるべき姿なんですね。

 

悪い情報商材に騙されないためのワンポイントアドバイス

前述通り、稼げる系の商品は、中身の伴っていない商品が多いです。ただ中には本当に良い商品を生んでいるクリエイターやブロガーがいるので、そういう商品を手にすることができれば、稼げる速度が高まるのは事実です。ポイントは「成果を上げている実績をブログなどでデータで公表していること」です。実際に実績を残していることが客観的にわかれば、その商品は良い可能性が高くなりますよ。

 

アフィリエイトは怪しいは一つの参入障壁

さて僕たちブロガーやアフィリエイター(アフィリエイトをする人のことをアフィリエイターと呼びます)にとっては、アフィリエイトが怪しいというのは、実はラッキーなことだったりします。

 

なぜなら、アフィリエイト=怪しいと思っている人は、アフィリエイトをやろうと参入してこないからです。つまり、ライバルが増えにくいということです。

 

アフィリエイト自体は、参入障壁はものすごく低いです。パソコン1台とネット環境、あとは年間数万円未満の初期費用で始められるビジネスです。本来であれば、ものすごく多くの人がチャレンジしてきても良いくらい、参入障壁が低いビジネスです。

 

でも前述した通り、アフィリエイト=怪しいというイメージが一般個人に浸透しているから、あまり多くの人が入ってこないんですよね。だから僕のような会社員の副業でも、正しい方法で続けさえすれば、十分稼げるようになっています。

 

ですから、アフィリエイトは実はいま参入してもまだまだチャンスが多いです。これはアフィリエイトをやっている人ならわかってくれると思います。

 

アフィリエイトは怪しいと思われてる今こそアフィリエイトを始めよう

アフィリエイトが怪しいと思われているいまの状況は、アフィリエイトにチャレンジしようと思っている人にはチャンスでしかないです。逆に、「アフィリエイトは立派なビジネスだ!自分も始めたい!」という人が増えれば増えるほど、どんどん参入障壁は上がっていきます。

 

ですから、もしアフィリエイトを始めてみたいと思うなら、いまこそ始めるタイミングだと思いますよ。

 

これからは個人の時代と言われています。実際はもうすでに個人の時代は始まっていますが、個人ブロガーの影響力は実はものすごく高まってきています。これからはさらに多くのブロガーが注目を集めることになり、それに伴いアフィリエイトはもっともっと世の中に浸透していくと思います。

 

未来を考えれば、いまのタイミングで始めることで、まだまだ先行者利益は取れると思いますよ。【今すぐ始められる】アフィリエイトを始める手順を3ステップで解説ではアフィリエイトの始め方をステップ形式で解説していますので、続けて読んで早速トライしてみてくださいね!

 

アフィリエイトは儲かる。その理由を稼いでいる根拠とともに解説【おすすめジャンル付き】アフィリエイトって儲かるの?に実際の収益データを公表しながら答えています。

アフィリエイト歴2年半の僕がおすすめASPを比較して紹介【売上UPのコツ付き】初心者向け記事です。おすすめASPと売上UPのコツを紹介しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です